金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

2020年度磯子区予算案 防災、福祉、子育て支援に重点 自主企画事業に約9634万

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 磯子区の2020年度自主企画事業(個性ある区づくり推進費)の予算額と概要がこのほど明らかになった。予算額は約9634万円で19年度(約9631万円)とほぼ同額に。「防災・減災」「子育て支援」「高齢者支援」を柱に事業を進めていく。

 磯子区では、19年度に引き続き、基本目標を「地域の皆さまとともにつくる笑顔あふれるまち・いそご」とし、「魅力にあふれた住み続けたいまち」「ともに支えあい、健康でいきいきと暮らせるまち」「安全・安心で住みやすいまち」の3つを重点分野に掲げた(予算額は表参照)。

 「魅力にあふれた住み続けたいまち」では、東京五輪・パラリンピックの開催を契機に、区の魅力を高め商店街振興や地域経済の活性につなげたい考えだ。区外の人にも磯子区を知ってもらうために、魅力PRツールを作成。商店街の店舗を巡るイベントを実施する。

 「ともに支えあい、健康でいきいきと暮らせるまち」では、「第4期磯子区地域福祉保健計画」を策定する。新規事業として、「多文化共生推進」を掲げ、外国人区民に対し、AI通訳機などを導入し、タブレットを活用したテレビ電話による通訳を取り入れる。

安否確認バンダナ配布

 2019年度の区民意識調査で区が取り組むべき重要課題に挙がっていた「災害対策」。「安全・安心で住みやすいまち」では、20年度から「災害時安否確認支援事業」を進める。安否確認手法としてバンダナを活用。区内全戸にバンダナを配る。昨年の大型台風では、区内でも被害があったことから区内2カ所に「防災土のうステーション」を新たに設置。「防災土のう講座」を開催し、区民の防災意識の向上を図る。

 さらに、近年問題となっている空家問題では、地区懇談会でも要望があったことから、今年度「管理不全空家等の対策事業」を予算化した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

安否確認バンダナ全戸配布

磯子区

安否確認バンダナ全戸配布 社会

災害時「無事です」周知に

11月26日号

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

廃棄海藻で循環型経済を

廃棄海藻で循環型経済を 社会

研究会でたい肥化など検討

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク