金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

2020年度磯子区予算案 防災、福祉、子育て支援に重点 自主企画事業に約9634万

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 磯子区の2020年度自主企画事業(個性ある区づくり推進費)の予算額と概要がこのほど明らかになった。予算額は約9634万円で19年度(約9631万円)とほぼ同額に。「防災・減災」「子育て支援」「高齢者支援」を柱に事業を進めていく。

 磯子区では、19年度に引き続き、基本目標を「地域の皆さまとともにつくる笑顔あふれるまち・いそご」とし、「魅力にあふれた住み続けたいまち」「ともに支えあい、健康でいきいきと暮らせるまち」「安全・安心で住みやすいまち」の3つを重点分野に掲げた(予算額は表参照)。

 「魅力にあふれた住み続けたいまち」では、東京五輪・パラリンピックの開催を契機に、区の魅力を高め商店街振興や地域経済の活性につなげたい考えだ。区外の人にも磯子区を知ってもらうために、魅力PRツールを作成。商店街の店舗を巡るイベントを実施する。

 「ともに支えあい、健康でいきいきと暮らせるまち」では、「第4期磯子区地域福祉保健計画」を策定する。新規事業として、「多文化共生推進」を掲げ、外国人区民に対し、AI通訳機などを導入し、タブレットを活用したテレビ電話による通訳を取り入れる。

安否確認バンダナ配布

 2019年度の区民意識調査で区が取り組むべき重要課題に挙がっていた「災害対策」。「安全・安心で住みやすいまち」では、20年度から「災害時安否確認支援事業」を進める。安否確認手法としてバンダナを活用。区内全戸にバンダナを配る。昨年の大型台風では、区内でも被害があったことから区内2カ所に「防災土のうステーション」を新たに設置。「防災土のう講座」を開催し、区民の防災意識の向上を図る。

 さらに、近年問題となっている空家問題では、地区懇談会でも要望があったことから、今年度「管理不全空家等の対策事業」を予算化した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「マリラジ」配信開始

ママ夢ラジオ

「マリラジ」配信開始 社会

地元ママが情報発信

5月7日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

5月7日号

文部科学大臣表彰を受賞

金沢図書館

文部科学大臣表彰を受賞 教育

子どもの読書活動の推進で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

モデルルーム 交流拠点に

京浜急行電鉄

モデルルーム 交流拠点に 社会

金沢区に「よりみちガーデン」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter