金沢区・磯子区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

新型コロナ対応 独自の取り組みを展開 SNS水族館、塾の巡回も

社会

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena
ツイッターを毎日投稿
ツイッターを毎日投稿

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、イベントの中止が相次ぎ学校を始め公共施設の多くが休館に。時差出勤やテレワークなどを推奨する企業も少なくない中、区内の独自の取り組みを取材した。

癒しを発信

 2月29日から臨時休園をしている横浜・八景島シーパラダイス(金沢区)は、「Twitterで楽しむ水族館」として毎日館内の生き物たちの様子をSNSに投稿している。シロイルカやレッサーパンダ、カピバラなど人気の生き物たちの何気ない様子やくすっと笑える可愛らしい様子など、普段の何気ない水族館の一コマを主に動画で発信。多くの「いいね」やコメントが寄せられている。

 以前からSNSで生き物たちの様子は発信していた。「外出を控えている方も多い中、皆様に癒しを届けたいという思いでコンセプトを作り、毎日投稿をはじめました」と広報担当者。休園中でも生き物の魅力に触れ合ってほしいとの思いで水族館業界全体で取り組む。「動物たちが変わらず元気で過ごしている姿を見て、皆様に少しでも元気になって頂けたら」と話す。休園は15日までを予定(状況により変更の可能性あり)。

見守りにも一役

 金沢区能見台で学習塾を営む清水洋平代表は休校初日から、自身のミニバンで生徒の家を巡回する=写真。マンション群の一角に車を停車すると、5分も立たずに生徒が現れ、後部に積んだ駄菓子を選び始める。「ここでプリントの受け渡しをしたり、質問に答えたりしています」と清水代表。巡回は休日なしの毎日で、ルートはSNSで知らせる。さらに授業の動画を撮影し配信も行う。「巡回と動画撮影や編集作業で、通常より忙しい」と苦笑する。

 新型インフルエンザで休校が相次いだ時に、初めて生徒宅を巡ったという清水代表。「休むのではなく、何ができるか考えた」と話す。小学4年生の母親は「自分が留守の時に気にかけてもらえると安心する。子どもにとっても良い刺激になっている」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

障害者をショコラティエに

すみなす会

障害者をショコラティエに 社会

商品価値高め自立支援

6月4日号

「新たな日常」へ第一歩

緊急事態宣言解除

「新たな日常」へ第一歩 経済

「営業再開に不安」の声も

6月4日号

『銭天堂』が4位

こどもの本総選挙

『銭天堂』が4位 文化

磯子区出身・廣嶋さん著書

5月28日号

当事者が学生を支援

がくせいボラ連

当事者が学生を支援 教育

活動参加者にバイト代

5月28日号

インスタで物語を連載

【Web限定記事】杉田劇場

インスタで物語を連載 文化

5月15日から 絵本作家ヤナキさんに依頼

5月21日号

学生支援策、次々と

【Web限定記事】金沢区内大学

学生支援策、次々と 教育

給付金や基金設立を発表

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月2日18:51更新

  • 6月1日18:25更新

  • 5月25日17:30更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク