金沢区・磯子区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

磯子警署管内 特殊詐欺被害 県ワースト 「封筒すり替え型」が増

社会

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
チラシを持つ磯子警察署員
チラシを持つ磯子警察署員

 磯子警察署管内の特殊詐欺被害件数が25件(3月末日時点)で神奈川県内でワーストだったことがわかった。金沢区も21件で被害が増加している。昨年から急増している封筒を使ったキャッシュカードをすり替える手口が依然として多いといい、両警察署の担当者は注意を呼びかけている。

止まらない新手口

 新たな手口による被害が止まらない。磯子警察署によると、同署管内の被害件数は、1月が10件、2月が12件、3月が3件だった。4月に入ってからも15日現在で5件の被害が確認され、被害件数は県内で最も多い。手口は、封筒を使ってキャッシュカードをすり替える手法がほとんど。金沢区も同様の手口での被害が多いという。

 被害が止まらない理由の一つに、狙われる高齢者が新たな手口を知らないというケースが挙げられる。「『振り込め詐欺』という言葉は知っているが、封筒を使うという手口までは知らない人が多い。キャッシュカードや息子、親族という言葉が出てきたら詐欺を疑ってほしい」と磯子署の担当者は話す。

新型コロナ関連ケースも

 金沢警察署管内では4月に入り長男を騙る犯人から「新型コロナウイルスの検査で病院に来ている。診察時に自分のカバンがすり替わっていた」と、「新型コロナウイルス」に関連した予兆電話が確認されている。まだ被害は出ていないものの、今後新型コロナウイルスをキーワードとした手口の詐欺も予想される。

 こうした動きもあることから、磯子署では、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた詐欺・悪質商法への注意チラシを配布している。「新型コロナに感染しお金が必要」「給付金がある」「水道管にウイルスがついている」など、犯人が使うことが予想されるキーワードを並べたチラシを作成した。「新型コロナに関する被害はまだ確認されていないが、今後特に注意が必要になってくる。不審な電話やメールがあったらすぐに通報してほしい」としている。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

施行後初の危険回避措置

空家条例

施行後初の危険回避措置 社会

磯子区内の2件で

9月23日号

山王台小の菅谷君が優勝

倉敷王将戦県予選

山王台小の菅谷君が優勝 文化

上級生下し、全国大会へ

9月23日号

防潮堤が完成

金沢区護岸工事

防潮堤が完成 社会

19年台風15号で高波被害

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ゆずファンをおもてなし

ゆずファンをおもてなし 社会

関内に交流拠点オープン

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook