金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

すみなす会 障害者をショコラティエに 商品価値高め自立支援

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
落ち着いた雰囲気の店内
落ち着いた雰囲気の店内

 木目調の外観と手描き風のサイン、デザイン性が高くカカオの品質にこだわった多種多様なチョコが並ぶ店内――。障害福祉サービス事業所でありながらおしゃれな雰囲気を実現した「QUONチョコレート横浜金沢店」が4月下旬、富岡東にオープンした。「市場価値のある商品」を販売し続ける”稼げる店舗”で、障害者の自立支援を目指す。

 運営母体は社会福祉法人すみなす会。金沢地域活動ホーム「りんごの森」などの福祉事業を金沢区内で展開している。障害者の事業所が足りない現状を受け、3年ほど前から新規事業所の立ち上げを検討してきた。

 立ち上げの責任者だった黒田彩さんは、「当初はパンカフェを考えていた」と話す。だがパンの製造販売するりんごの森の利用者の工賃は月平均2千円弱。「これでは、いつまでも自立できない」と行き詰っていた。

 そこで黒田さんは昨年4月、障害者雇用の促進と店舗経営を両立するQUONチョコ(本店/愛知県豊橋市)を運営する夏目浩次代表にメールで相談。夏目代表と直接話す機会を得た。

稼ぐ機会与える

 「重度の障害者が稼げるような仕事をするのは、無理なのでは」と思い込んでいたスタッフに、夏目代表の話は衝撃だった。「障害者もお金が欲しいはず。稼ぐ機会も与えないで”できない”というのは、福祉人としてどうなのか」と問いかけた。「でも、どうしたらいいか分からない」と涙を流して訴えるスタッフに、夏目代表は「教えてあげるよ」と返答。横浜南部エリアにQUONチョコの店舗はなく、横浜の生産量を上げたいと思っていたタイミングだったこともあり昨年9月、フランチャイズ契約に至った。

 それでも「重度の障害を持つ利用者が、高品質のチョコを安定して作る」ことは、黒田さんらスタッフにとって高いハードルだった。レシピの工程を細分化し、利用者の能力を細かく再確認。「この工程は、この利用者に向いている」。そんな細かなマッチングを積み重ね、10人がチョコ製造に携わっている(定員は20人)。現在、本部の合格が出たのは、主力商品の「テリーヌ」3種。スケジュールを組んで、徐々に生産能力をあげていく予定だ。目指す利用者の平均工賃は3万円程度。黒田さんは「この作業所は、福祉のあり方を再考察するきっかけになった。今後も事業を通しすみなす会の理念を実現していきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

立民・佐久間氏が初当選

金沢区補欠選挙

立民・佐久間氏が初当選 政治

新人が一騎打ち制す

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

毎朝 太極拳で17年

金沢区釜利谷西

毎朝 太極拳で17年 スポーツ

コロナ禍の健康づくりにも

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 教育

相談件数が年々増加

10月14日号

空き区画を地域に開放

空き区画を地域に開放 社会

洋光台にフリースペース

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook