金沢区・磯子区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

関東六浦高遠藤さん 生徒会大賞の優秀賞に 代表務めた県生徒会団体で

教育

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena
自作の説明資料で取材に応える遠藤さん
自作の説明資料で取材に応える遠藤さん

 日本生徒会大賞2020が8月11日に発表され、関東学院六浦高校の遠藤貴也さん(高3)が代表を務めた「神奈川県高校生徒会会議」が優秀賞を受賞した。遠藤さんは「賞は無理だと思っていたので、すごく嬉しかった」と受賞の喜びを語った。

 この賞は全国の生徒会活動を支援する生徒会活動支援協会が2017年から実施している。全国の生徒会活動に携わる個人・団体の応募の中から、教育に関わる研究者や学校教職員などの有識者らで構成される審査委員会が選出した。

 遠藤さんは「少しでも活動を知ってもらいたいという思いで応募した。受賞は予想外でした」と顔をほころばせる。

SNSで情報公開

 神奈川県高校生徒会会議は、09年に各学校の生徒会の活性化を目的に設立。2、3カ月に1回の頻度で県内の学校から有志が集まり、ディスカッションなどを行ってきた。生徒会団体が増えてきた近年は、参加者減やマンネリ化が課題となっていた。

 遠藤さんは学校の生徒会に参加した中学2年の時から、同会議に出席。最初は「なんとなく」だったが、生徒会活動が面白くなるにつれ、さらなる可能性を感じるように。「より良い生徒会にしたくて、会議にも力を入れるようになった」と振り返る。

 代表を務めた2019年度は、「参加者の意見が反映される団体に」「誰でも参加できる環境づくり」「生徒会団体のマンネリ化防止」の3つを目標を掲げた。「各校の生徒会役員が誰でも参加しやすいために重要なのは、情報の公開」と考え、毎回会議の終わりに「振り返りアンケート」を実施。当日の会議の様子なども盛り込んで「生徒会会議報告書」を作成し、SNS上で公開を開始した。

 生徒会活動のブラックボックス化を大きな課題の一つと捉える同大賞の審査委員会は、「参加する学校やメンバーに限らずその情報を公開し、団体の活動を見える化することは、他団体も参考になる取り組み」と評価。受賞につながった。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://kato-hiroto.net/ http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

岡村西公園が開園

磯子区

岡村西公園が開園 社会

市内初の公設防火水槽も

4月8日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

富岡・区役所間が運行終了

94系統バス

富岡・区役所間が運行終了 社会

新路線で利便性確保へ

4月1日号

感染対策、社会経済活動を両立

2021年度磯子区予算

感染対策、社会経済活動を両立 社会

自主企画事業に約9605万

3月25日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク