金沢区・磯子区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

自身の作品をまとめた本「今を大切に君の人生だよ」を出した書家の 青山 珪香さん 金沢区並木在住 83歳

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

響く言葉 ”書”で表現

 ○…「だれもが読めて心に響くメッセージを伝えたい」――そんな思いを込めた、70年近い書人生で初の作品集が出版された。自作の文に加え、心が動いた有名な詩や歌からも言葉を選び、作品に仕上げた。「プロにだけ分かっても意味がない。一般の人、特に若い人に命の大切さを伝えたい」と話す。頭に浮かぶのは4人の孫の顔。「面と向かって言うとかではなく、書を通して感じ取ってほしい」と願う。

 ○…長野県長野市で生まれ育った。書の面白さを知ったのは、高校時代。書道の指導者のおかげだという。以来「なんとなく」続けていたが、新たな師との出会いが、さらなる書の可能性を広げてくれた。40歳前後で漢字・漢字かな交じり書を塩練心泉さんに、かなを中室水穂さんに師事した。「こういうのがあるんだ、と新鮮な気持ちになった。漢字ばっかりの世界にあきていたのかも」と振り返る。手本通りに書くばかりが書ではない――。自由な発想で書くことが楽しくてたまらなかった。

 ○…自身を「いろんなこと、やりたがり」と評す。書だけでなく速記や水墨画、篆刻、フラワーアレンジメントなど、様々なことに挑戦してきた。そんな色々な経験が、書の表現に広がりを持たせた。時には自作の紙に書いたり、絵を添えて表現したり。「これまでやってきたことが、最終的にすべて、書につながっているみたい」

 ○…コロナ禍で強いられる自粛生活にストレスがたまり、「時間があるのに書きたい気がおきない」とぽつり。動き回れる日を心待ちに過ごし、「海外でもう1回くらい個展をやりたい」と前を向く。「年を重ね怖さがなくなった」とも。築き上げてきた自信が、何を言われても揺るがない強さを支えている。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

佐藤 雅彦さん

「とうふの泰平屋」専務で全国豆腐品評会東日本大会で銀賞に選ばれた

佐藤 雅彦さん

金沢区六浦東在住 60歳

10月21日号

林 哲治さん

10月1日付で磯子駅の駅長に着任した

林 哲治さん

磯子区在勤 58歳

10月14日号

永井 晋さん

11月13日の文化講演会で講師を務める関東学院大学客員教授の

永井 晋さん

金沢区在勤 62歳

10月7日号

小澤 伸一さん

9月16日付で金沢警察署の署長に着任した

小澤 伸一さん

金沢区在勤 58歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook