金沢区・磯子区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

金沢八景駅前の8KギャラリーAで絵本の原画展を開く 北見 美佳さん 氷取沢高校出身 34歳

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

師の言葉信じ、一心に描く

 ○…氷取沢高校(現・横浜氷取沢高校)へ通った高校時代に住んでいた金沢区。青春時代を過ごした地元で、初めて作った絵本の油絵原画などを展示する。「コロナ禍で私自身が暗い気持ちになった中で、立ち直るために作った絵本。同じような気持ちになった人に、私が救われたメッセージを伝えられたら」

 ○…静岡県出身。絵や写真が好きだった祖父の影響で、小さい頃から絵に親しんで育った。高校卒業後は絵への気持ちに蓋をして職を転々としていたが、2011年の東日本大震災を経て「命の炎を燃やさなきゃ」と一念発起。知人の紹介で出会った画家・山川茂氏に師事し、絵を一から学んでいった。油絵の経験がない中での弟子入りに、「最初はわからないことだらけで泣きながらでした」。それでも最初に自身の絵を見せた時に師からかけられた「いい線を描くけど、絵になっていない。僕の言うことを聞けば画家になれる」という言葉を信じ、作品を描き続けてきた。

 ○…中学まで静岡で過ごし、祖父母が金沢区洲崎町で暮らした縁で進学したのが、当時の氷取沢高校。写真部に所属し、海の公園や八景島にもよく足を運んだという。横浜氷取沢高の現在の校章も自身のデザイン。「校章を作るなんて責任重大だし、信じられなかった。まだ緞帳やバッジを見ていないので、見せてもらうのが楽しみ」

 ○…コロナ禍で展示の機会は減り、以前のように創作のために国内外各地へ行くこともままならない日々。それでも「展示させてもらえる喜びに気づけた。もっと力をつけて、いつか自分も展示の場を作れたら」と前を向く。今年で画家としてスタートを切ってから10年。応援してくれている人や自分のため、今後も創作を続けていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山口 武夫さん

金沢区美術協会の会長を務める

山口 武夫さん

金沢区富岡西在住 83歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

広場で食と音のフェス

広場で食と音のフェス

5月29日 洋光台北団地

5月29日~5月29日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook