金沢区・磯子区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

屏風ヶ浦地区連合町内会の会長を務める 遠山 秀俊さん 磯子区森在住 81歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

技術取り入れ、若返りを

 ○…屏風ヶ浦地区連合町内会で昨年度まで副会長を務め、今年4月から会長に就任した。マンションやビルが多く、連合を構成する半数以上が共同住宅の自治会であることが特徴の一つ。「子どもが巣立ってしまい、親世代が残ってしまうことが多い」と話し、他の自治会同様に高齢化や若い世代の不足という課題に直面している。

 ○…新潟県出身。高校を出てから大阪の製鉄所で勤務し、その後、東京のエンジニアリング会社への転職を機に、約40年前から磯子区で暮らす。屏風ヶ浦を住まいに選んだのは、鉄道2路線が使える交通の便の良さから。今でも生活に不便は感じず、「当時はJRでストライキも多かったけど、今は移動も買い物にも困らない。この地域の魅力の一つかな」と語る。海が近い立地も気に入った点で、昔はよく大岡川分水路で釣りを楽しんだという。

 ○…退職後は旅行が楽しみで、北海道から九州まで国内各地の城を巡って写真に収めてきた。転職先の本社が西ドイツにあったため現役時代は海外出張もしばしば。しかし、当時はあくまで仕事が主で、あまり観光を意識することもなかった。「当時は考えていなかったけど、改めてカメラを持って国外にも行きたいな」。気軽に旅行ができる日を待ちわびている。

 ○…「仕事で使っていたのでコンピューターとの付き合いは長いよ」と明かし、自治会でも進むICT化は歓迎する。「すぐには進まないかもしれない」としつつも、若い世代の自治会参加につながることを期待してできることを進めていく。「どうしたら若い人たちも参加しやすいのか。皆で考え、取り組んでいきたい」。新たな技術をうまく取り入れ、次世代の担い手探しに力を注いでいく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook