金沢区・磯子区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

内水ハザードマップ 153ミリの大雨に対応 金沢含む2区から全戸配布

社会

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
今回公開された磯子区のマップ(右)、以前のマップ(上)と比べて区域全体に2〜20cmの浸水想定の黄色が広がった
今回公開された磯子区のマップ(右)、以前のマップ(上)と比べて区域全体に2〜20cmの浸水想定の黄色が広がった

 先週、神奈川県内でも記録的な大雨が記録されるなど、近年増加している大雨による水害。横浜市ではこうした水害への備えを強化するため、「内水ハザードマップ」を1時間あたり153ミリの降雨を想定した形に改定した。市ウェブサイトで6月28日から18区全てのマップを公開。今年度は金沢区を含む2区で全戸配布を予定している。

 内水とは、大雨時にマンホールなどの下水道から水があふれること。河川の水があふれる洪水なども含め、近年は全国的に大雨による水害が多く発生。日頃から浸水時の避難行動や備えを考える必要性が高まっている。

 市の内水ハザードマップは以前から作成され、大雨時に下水道管や水路からの浸水が想定される区域や浸水する深さなどを記載。これまでは1時間あたりの降雨量76・5ミリを対象とするマップが作られていた。しかし、19年9月には市内で観測史上最大となる1時間あたり100ミリの降雨を観測。そこで、市では想定し得る最大規模の雨量として、過去に関東地方で観測された1時間あたり153ミリの想定でマップを改定した。

浸水2m以上も

 想定される最大降雨量が76・5ミリから2倍になったことで、「これまでの想定では限定的だった浸水の恐れがある地域が、市内全域で広がった」と市環境創造局の担当者。金沢・磯子の両区でも、区域の全体に広がるように、道路冠水に相当する2〜20cmほどの浸水が想定されるエリアが点在している。

 金沢区では侍従川や宮川周辺などで、50cm〜1mの浸水を想定。さらに京急富岡駅の西側では一部で2m以上、釜利谷東などで1〜2m相当の浸水が想定される地域も出ている。

 磯子区では根岸駅から磯子駅の周辺、杉田周辺で50cmから1mの浸水が想定される。また、杉田や洋光台、田中、森の一部では1m以上が想定される地域もある。

 市では今後、内水・洪水・高潮のハザードマップを1冊にまとめた「浸水ハザードマップ」を印刷して各区で作成する。今年度中に金沢区と神奈川区で配布し、22年度に残りの16区で全戸配布する予定だ。各区のマップは「内水ハザードマップ 横浜」で検索すると見ることができる。詳細は環境創造局下水道事業マネジメント課【電話】045・671・2838へ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

防潮堤が完成

金沢区護岸工事

防潮堤が完成 社会

19年台風15号で高波被害

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ゆずファンをおもてなし

ゆずファンをおもてなし 社会

関内に交流拠点オープン

9月9日号

神楽殿が装い新たに

岡村天満宮

神楽殿が装い新たに 文化

老朽化で建て替え

9月2日号

防護柵などを設置

京急富岡駅前

防護柵などを設置 社会

通学路の安全確保図る

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook