金沢区・磯子区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

六浦地区連合町内会と同社会福祉協議会の会長を務める 富川 清さん 金沢区柳町在住 84歳

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena

「自分で見てすぐに動く」

 ○…長年にわたり務めた興津昭夫さんから連合町内会会長のバトンを受けた。7つの自治会町内会の取り組みはそれぞれ。「できるだけ皆の声を聞いて、地域の実情に沿った取り組みを見出していきたい」と話す。課題の一つは、「高齢者や災害弱者をいかに町内で支えるか」。災害時に力が発揮できるよう、日ごろの交流で互いの顔の見える組織を目指す。

 ○…静岡県の富士山のふもとで生まれ育ち、20代前半で親戚のいる横浜へ。柳町には造成間もない頃に移り住んだ。会社員時代は仕事一筋。「定年退職する時まで、隣の家の人の顔さえ知らなかった」と振り返る。そんな状況を変えるため毎朝、家の前の掃除を始めるように。あいさつから近所の人との交流が生まれ、62歳の時に当時の会長から誘われて町内会活動をするようになった。

 ○…10年前から柳町町内会の会長に。「すぐに行動」をモットーに地域活動に取り組む。登校時の子どもの見守りもそのうちの一つ。7時30分から8時10分の間、自転車で町内を一周する。「子どもに注意をする時もあいさつから。身構えずに聞いてもらえる」。町内一周は、地域の情報を知るのに役立っているとも。「聞いた話だけでなく、自分の目で実情を正確に知ることが大切だと思う」。誰かの力になれれば――そんな思いで今日も町内を巡る。

 ○…回覧板の役割を補完するミニ掲示板で、行事だけでなく防犯情報も掲示し、犯罪の抑止力を高めてきた。精力的な活動を支える健康の秘訣は「体を動かし、ごはんを美味しく食べること」。夏は植木の手入れ、冬は戸棚などのものづくりに没頭する。「定年の時と同じ動きはできていると思う」と胸を張る。「最期に精いっぱいやったなと思えれば幸せ」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook