金沢区・磯子区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

アイロンビーズ作家として本を出版した 藤田 打一さん(本名:藤田大智) 磯子区杉田在住 36歳

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena

今を楽しみ、未来も笑顔に

 ○…「周囲の人たちの喜ぶ顔が見たい」と、最初は趣味で作っていたアイロンビーズ作品を集めた著書が完成した。編集者から声がかかった時は「ありえない」と疑ったが、離れて暮らす両親に活動を知らせる機会になると準備を進めてきた。「男が手芸とばかにされることもあったけど、本が完成して自信になったし、少しは見返せたかな。性別や年齢問わず楽しめる」と胸を張る。

 ○…大阪府出身。子どもと接する仕事をするために専門学校を卒業し、保育園などで勤務。転職を機に8年前から磯子で暮らす。アイロンビーズとの出合いもその頃で、たまたま職場に置いてあったものを見て作品を作ろうと思い立った。それまで経験はなかったが「好きになるととことん夢中になってしまう」性格からのめりこみ、「パズルをやっている感覚。イメージした作品の図面を考えて、うまくはまった時が気持ちいい」。ディズニーやアンパンマンなどのキャラクター、大阪城など、さまざまな作品を作ってきた。

 ○…かつてはプロボクサーとして競技に打ち込んだ。保育の仕事でけがをしたことで引退したが、今でも体力づくりのためにジムで体を動かす。筋トレ中は頭の中で作品の図案を考えることも。家庭では2児の父として、育児や家事に奔走。「今しか過ごせない時を楽しんでいるから、子どもと遊ぶのも料理も楽しい」と、家族との時間も大切にしている。

 ○…現在は磯子区内の横浜おひさま保育園と、おひさま学童クラブに勤務。日々子どもたちと接する中で、少しでも笑ってもらうこと意識している。「今を楽しむことで、未来も楽しく、笑顔でいられるはず」。未来でも多くの人たちに笑ってもらうため、仕事や作品作りを続けていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

佐藤 雅彦さん

「とうふの泰平屋」専務で全国豆腐品評会東日本大会で銀賞に選ばれた

佐藤 雅彦さん

金沢区六浦東在住 60歳

10月21日号

林 哲治さん

10月1日付で磯子駅の駅長に着任した

林 哲治さん

磯子区在勤 58歳

10月14日号

永井 晋さん

11月13日の文化講演会で講師を務める関東学院大学客員教授の

永井 晋さん

金沢区在勤 62歳

10月7日号

小澤 伸一さん

9月16日付で金沢警察署の署長に着任した

小澤 伸一さん

金沢区在勤 58歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook