金沢区・磯子区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる 岡本 富夫さん 磯子区氷取沢町在住 75歳

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

支えられ「当たり前の風景」を

 ○…円海山に連なり、豊かな自然が広がる磯子区の「氷取沢市民の森」。愛護会の会長を務め、仲間と力を合わせて広場の草刈りやごみ拾いなどを担う。市民の森に近い農業専用地区では、毎年畑の所有者にコスモスの種を配布。「秋になるとコスモスが咲くのが、この辺りでは当たり前の風景。ハイキングの人だけでなく、多くの人に楽しんでもらえたら」と目を細める。

 ○…宮城県出身。妻の実家がある縁で、50年ほど前から磯子区で暮らす。「活動している姿を見ていたから、それが当たり前だった」と話し、家族から引き継ぐ形で自然と愛護会に参加。仕事を定年退職してからは会長となった。「会長といったってゼロからのスタート。最初は何も分からず困ったね」。それでも仲間に支えられながら、15年にわたって市民の森や周辺を含めて自然を管理してきた。

 ○…仕事では、電車の車両点検・修理に従事した。定年後は親の畑を受け継ぎ、トマトやキュウリをはじめ、白菜、大根など季節に合わせた野菜を育てている。「スーパーで買ったものとは味が違うはず。そんなにたくさんは作れないけどね」。育てた野菜は農協の直売所に並ぶことも。毎日のように緑に触れ、自然と向き合った生活を送っている。

 ○…毎年コスモスが開花するまでの過程を見てきた中で感じたのは、「(種をまく)タイミングが大切だし、実際にまいてみないと分からない」。今年は天候が影響し、例年より早めに開花したとという。「せっかく花が咲いたのだから、少しでも見てもらいたい。『きれいだね』と言ってもらえたらうれしいね」。これからも周囲の協力を得ながら、コスモスが連なる風景を作っていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

林 哲治さん

10月1日付で磯子駅の駅長に着任した

林 哲治さん

磯子区在勤 58歳

10月14日号

永井 晋さん

11月13日の文化講演会で講師を務める関東学院大学客員教授の

永井 晋さん

金沢区在勤 62歳

10月7日号

小澤 伸一さん

9月16日付で金沢警察署の署長に着任した

小澤 伸一さん

金沢区在勤 58歳

9月30日号

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook