金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

山王台小菅谷君 倉敷王将戦で準優勝 全国大会高学年の部で

文化

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
準優勝のカップを手に笑顔を見せる菅谷君
準優勝のカップを手に笑顔を見せる菅谷君

 磯子区の山王台小学校4年の菅谷武琉君(10)が、1月9日に岡山県倉敷市で開かれた「第20回全国小学生倉敷王将戦」の高学年の部で準優勝した。神奈川県予選を制した実力を発揮し、上級生が多い中で決勝戦まで勝ち進んだ。

 小学生将棋名人戦と並び、小学生を対象にした最高峰の将棋大会である倉敷王将戦。藤井聡太四冠が過去に優勝したことで知られ、新型コロナウイルス感染症の影響から2年ぶりの開催となった。菅谷君は昨年9月の神奈川県予選で優勝して今大会への出場権を獲得。全国各地の予選を勝ち抜いた児童が集まり、高学年と低学年に分かれて対局した。

 高学年の部には64人が出場。8人1組に分かれた予選を経て、各組を勝ち抜いた児童8人が決勝トーナメントへ進んだ。菅谷君は予選3局を「研究してきた対振り飛車の戦法がうまくいった」ことで勝ち抜き、決勝トーナメントへ。トーナメントでも2局を勝ち抜いたが、決勝戦で福岡県代表の6年生に及ばす準優勝。「決勝トーナメントが目標だったから、うれしいのと悔しいのと半々くらい」と話す。

地元からエール

 菅谷君は4歳から将棋を始め、小学2年までの約4年間は屏風浦駅前の「磯子将棋センター」に通った。「一つ年上の子と切磋琢磨していた。早熟で上達するのが早かったと思う」と話すのは、同センターの指導棋士・山田慎治さん。「まだまだ若く可能性も大きくあると思う。これから将棋を続けてプロを目指すなら、ぜひ頑張ってほしい」とエールを送る。

 現在はプロ棋士の養成機関「奨励会」の下部組織にあたる日本将棋連盟の「研修会」に所属する菅谷君。当面の目標は研修会で昇級を重ね、奨励会試験に合格すること。奨励会員でもプロ棋士になれるのは約2割といわれる厳しい世界だが、プロ棋士を目指して研究と対局に励んでいる。「倉敷では強い人と何度も対局できてよかった。次があれば優勝を目指して頑張りたい」。まずはその先に奨励会入りを見据え、腕を磨いていく。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

金沢・磯子で被害増加

特殊詐欺

金沢・磯子で被害増加 社会

還付金、オレオレが多数

5月19日号

バリアフリー化へ基本構想

磯子区

バリアフリー化へ基本構想 社会

根岸・磯子・屏風浦駅を追加

5月12日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月12日号

みどりの愛護で大臣表彰

釜利谷赤坂公園愛護会

みどりの愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

安全安心な公園目指す

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook