神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

区単位の老人クラブ創設 金沢・磯子両区で会員募集

社会

公開:2023年2月16日

  • LINE
  • hatena

 金沢区と磯子区で4月から、各区全域を対象とする老人クラブが活動を開始する。自分の住む単位自治会町内会にクラブがなく、活動に参加できない状況の人の受け皿として設置。すでに両区で会員募集を始めている。

誰もが活動を

 老人クラブは主に自治会・町内会の範囲で設けられ、「生活を豊かにする楽しい活動」「地域を豊かにする社会活動」に取り組む。対象はおおむね60歳以上。年間を通してスポーツ・文化活動などの企画を通し、会員の健康づくりや交流を行っている。

 2022年4月1日現在、横浜市内全体で1449、金沢区では74、磯子区で58のクラブが活動する。多い時には両区とも100近い団体が活動していたが、近年は会員の高齢化や会長のなり手不足などの影響で、クラブ数は減少傾向。単位自治会町内会数に対するクラブの設置率は、半数程度にとどまっている。

 各クラブは原則自治会町内会単位で活動する。そのため活動費が町内会単位でまかなわれる場合が多く、自らの加入する自治会町内会以外のクラブへの加入が難しいのが現状だ。金沢区シニアクラブ連合会の森川年一会長は「老人クラブで活動したくても、自分の地域にクラブがなければ活動できなかった。この不公平感をなくし、誰もが参加できるようにするべき」と話す。

各区で設置進む

 こうした状況から、市内各区で区全域や一部地域を範囲とする「広域クラブ」の設置の動きが広がっている。すでに西区では活動が始まり、港南や栄などでも設置が進む。金沢・磯子の両区でも昨年から検討が進められてきた。その結果、金沢区は「ぼたんの会」、磯子区は「元気クラブいそご」という名称での創設を決定。磯子では地区の支部として、「元気クラブ洋光台」も創設され、両区とも4月の活動開始に向けて会員募集を始めている。

 広域クラブの対象は、自らの加入する単位自治会町内会に老人クラブがない人。現時点で自分の対象となるクラブがない人はもちろん、今後クラブが解散してしまった場合に、活動を続けたい会員たちの受け皿となることも想定される。磯子区老人クラブ連合会の坂本税会長は「広域クラブで会員が増えれば、単位クラブを新たに作ることもできるかもしれない。これまでクラブがなくて地域に出られなかった人たちの後押しになれば」と話している。

 詳細は金沢区シニアクラブ連合会【電話】045・784・5121、磯子区老人クラブ連合会【電話】045・752・3452。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

科学の楽しさ伝え40年

はまぎん こども宇宙科学館

科学の楽しさ伝え40年

体験型の学びの場に

5月23日

区役所玄関で「植物発電」

磯子区

区役所玄関で「植物発電」

脱炭素化普及へ新展示

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

木星探査機開発に貢献

横浜プレシジョン

木星探査機開発に貢献

宇宙科学研究所から感謝状

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook