神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
金沢区・磯子区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

横浜市 障害者の投票実態把握へ 要介護の認定者も

社会

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena

 横浜市は、選挙における障害者および要介護認定者の投票実態について、調査実施に向けた検討を進めている。対象者は今年3月末現在で約34万8500人。実施時期は未定だが、市はデータを把握し分析して、より投票しやすい環境整備につなげたいとしている。

 今春に行われた統一地方選挙の結果について、東京都狛江市が障害者の投票状況を調査。全国初の取り組みと言われている。その調査によると障害者(身体・精神・知的)の投票率は46・9%で、全体の50・7%より3・8ポイント低い実態が分かった。

狛江市の結果、分析

 横浜市は、投票に行きづらい事情があることを想定して、障害者に加えて要介護認定者も対象に含める。

 これまでも身体に重度の障害がある人および要介護5の人は郵便投票などの制度があり、その利用者の状況は把握可能だった。しかし、その他の要介護者などは同制度を利用できず、対象者の投票実態を把握できる仕組みがないのが現状だ。

 誰もが投票しやすい環境づくりを目指す市は、今回の狛江市の調査結果を確認・分析し、実態把握に向け関係部署間で調整を行っている。市選挙管理委員会の担当者は「まずは現状を把握し、施策の必要性を検討していきたい」と話していた。

対象は約35万人

 対象は身体・精神・知的の各手帳が交付されている18歳以上および、要介護認定を受けている全ての人。今年3月末現在で、おおよそ34万8500人(精神の手帳交付は年齢別情報がなく18歳未満を含む)になる。

 市選挙管理委員会によると、直近のデータとして今春の統一地方選挙が調査対象になる見込み。個人情報の取り扱いなどの課題はあるが、「できるだけ早い時期の実施が望ましい」としている。

 視覚障害がある中区障害者団体連絡会の池田信義会長は、実態調査の検討を歓迎する。「投票に行きたくても、難しい人がいる。投票所に行かなくてもよい制度の充実化を求めたい」と話した。

並木地域ケアプラザ ケアマネジャー募集

人の話を聞くことが得意な方、地域のために働きたい方など、ぜひ一緒に働きませんか?

https://job-gear.net/namikicareplaza/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

南共済病院空地に新広場

六浦東地区

南共済病院空地に新広場

住民と関東学院大など協力

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

「英語で考え、語る」教育を

西金沢学園

「英語で考え、語る」教育を

24年度 市のモデル校に

2月15日

災害時に中学生の力を

磯子区

災害時に中学生の力を

新たに防災啓発動画公開

2月8日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook