港南区・栄区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

横浜ベイスターズ専属チアチーム「diana」のプレイングディレクター 岩田 えみなさん

チームに勝利、ファンに笑顔を

 ○…スタジアムに歓声と熱狂が帰ってきた。東日本大震災の影響で、開幕が20日近く延期されたプロ野球。その瞬間を選手同様に待ち望んできた。横浜ベイスターズ専属チアチームとして、華麗な演技でチームにエールを送り続ける「diana(ディアーナ)」のプレイングディレクターとして18名のメンバーをまとめる。「明るく元気で爽やかに、が私たちのモットー。ファンの皆さんに元気を届けたい」。特別なシーズンの幕開け、言葉にも強い想いが込もる。

 ○…小学3年生からジャズダンスを続け、ダンスを仕事にすることは幼い頃からの夢だった。平成18年、「diana」が結成されることを知ってすぐに応募を決めた。オーディションに合格し、初代メンバーに選ばれた時は「夢が叶ったと思ってうれしかった」。以来、ベイスターズ中心の生活。「負けた時はなかなか寝付けないぐらい悔しい」と勝利にかける「熱量」は決して選手にひけをとらない。

 ○…華やかなイメージと裏腹に「裏方」業務まで多岐にわたる仕事をこなす。「演技だけでなくお客様のお出迎え、試合が始まればボールガールやリリーフカーの運転も務めます」。社会貢献活動にも積極的で、幼稚園の訪問やピンクリボン運動への協力も。昨年は横浜文化体育館で、メンバーが講師を務めるチアダンス教室がスタートした。「子どもたちにはいつもエネルギーをもらっています」と笑顔を浮かべる。「いつか教え子からdianaのメンバーを」は新たな夢となった。

 ○…本来オープン戦で行う演技や業務の確認がほとんどできず、「ぶっつけ本番」でシーズンに臨むことになった。それでも泣き言は一切ない。「いつ開幕してもいいように準備してきました。メンバー同士話し合う機会も多くてむしろ絆が深まったぐらい」。笑顔の奥に、意志の強さをのぞかせる。スタジアムでは、チームとファンのために舞い続ける彼女たちの姿からも目が離せない。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

遠藤 吉隆さん

港南歴史協議会のメンバーとして神話、神社についての講演を続ける

遠藤 吉隆さん

3月1日号

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク