港南区・栄区版 掲載号:2012年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

地域の絆を育む 下永谷で塾を開設

社会

フラダンスの披露も
フラダンスの披露も

 地域住民の交流を深めることを目的とした事業「絆塾(きずなじゅく)♥下永谷」が12月15日、下永谷地域ケアプラザ(佐藤京子所長)で第1回ケアプラザ文化祭と題して初開催された。

 絆塾とは東日本大震災後、下永谷地区の民生委員から「隣近所で助け合う関係が大切。ケアプラザを拠点に人と人のつながりづくりができないか」との声があがり、同地区の自治会町内会長など地域住民らが昨秋から検討をすすめてきたもの。地域交流を目的に、絆塾と銘打った様々なイベントを企画していくという。

 今回の文化祭はケアプラザを知ってもらうことが目標。同所で活動するサークルの発表などが行われ、親子連れなど多くの地域住民が訪れるなど盛況だった。

 佐藤所長は「一層地域の皆様が集まる場になれば」と期待し、企画に携わった下永谷連合町内会の武田信雄会長は「防災の勉強会から子ども向けの遊びまで、色々な人が参加できる企画をしたい」と話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク