神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2013年1月24日 エリアトップへ

1月29日から2月3日まで水墨画の展覧会を行う「華の墨絵会」会長 日高絹子さん(日高絹紅) 港南台在住 64歳

公開:2013年1月24日

  • LINE
  • hatena

白と黒で世界を表現する

 ○…水墨画の同好会が発展した「華の墨絵会」で会長を務め、第15回となる展覧会を横浜市民ギャラリーで開催する。水墨画歴は約30年。現在は国際書画連盟常任理事も務め、港南台地区センターや港南台コミュニティハウスのほか、よみうりカルチャー横浜など様々な場所で水墨画やはがき絵などを教えている。

 ○…水墨画の基本はまず、対象を写実的にスケッチすること。しかし、実際に描く際は、スケッチしたものを1度自分の中に取り込んで、自分なりに消化して描く。その作業こそがアートであり、ただ写実的に描くのではない。さらに、余白を意識して構図を決め、敢えて細かく描かない部分を残す。「見えない線を感じること、無の中に有を見つけることが水墨画」だと語る。今もその探究心は尽きず、「ゴールがない。だからこそ続けられる」と熱い一面を覗かせつつも、穏やかな口調で語る。

 ○…「ストーリー性がないとつまらない」と花鳥風月を好んで描く。その中でも好きなのが鳥。鳥を描くことによって作品に物語が生まれる。自分の意思を入れると同時に、受け手に想像の余地を残す。また、色は極力使わない。1つの筆に濃い部分と薄い部分、水の部分をつくり、筆を寝かせた状態で描くことでグラデーションを彩る。そのほかにも、にじみやかすみ、五彩という墨の濃淡を使い分け、白黒の世界を鮮やかなものに仕上げていく。

 ○…一度描き始めると「寝なくてもいいし、食べなくてもいい」ほど集中する。時間は一瞬で過ぎてしまい、疲労も感じない。雑誌に連載を持ち、連日深夜から朝まで作業を続けるなど多忙を極めていた2000年の11月には、脳内出血で倒れたことも。原因はストレスと睡眠不足と栄養失調。そこまでやってなお、「頑張りすぎないことが大切」と語る。「今を維持し続けることが重要。続けることが難しいから」と晴れやかな表情で語った。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

鈴木 祐次さん

港南消防団長に就任した

鈴木 祐次さん

港南区東永谷在住 63歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区在住 57歳

5月16日

山口 治彦さん

港南消防署長に就任した

山口 治彦さん

港南区在勤 59歳

5月9日

村田 浩一さん

25周年を迎えたよこはま動物園ズーラシアの園長を務める

村田 浩一さん

横浜市在勤 71歳

5月2日

加藤 正基さん

栄消防団長に就任した

加藤 正基さん

栄区長尾台町在住 64歳

4月25日

松永 朋美さん

4月1日付で栄区長に就任した

松永 朋美さん

旭区在住 54歳

4月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook