港南区・栄区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

Jリーグ史上最年長デビューをめざし、今季YSCC横浜に新加入した 安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん 相模原市在住 41歳

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「あきらめることは忘れた」

 ○…昨年8月、プロ未経験ながらJ2水戸ホーリーホックと選手契約を結び、40歳で文字通り「オールドルーキー」に。しかし試合出場は叶わず半年で退団。夢を追う男が新天地に選んだのは横浜・本牧の地だった。今月1日に誕生日を迎えたばかりの41歳は、3月10日のJ3リーグ開幕戦に出場すればJリーグ史上最年長デビューとなる。今季の年俸は前年比10倍アップの120円だ。

 ○…生まれは戸塚。3歳で相模原に転居し、高校在学中にはブラジル留学も経験。現地でプロ契約を結ぶも開幕直前のケガで出場はならず、帰国後はサッカースクールで選手兼コーチ兼通訳として活動。25歳で選手を引退し、その後はJクラブの通訳、プロ選手のマネジメントなどを務めた。

 ○…転機になったのは、通信制高校サポート校で講師を務めた時のこと。聞きかじったクラウドファンディングの話を生徒にした数日後、そのひとりに「1500円の本を買うためクラウドファンディングした」と聞かされた。「高校生が行動しているのに、自分はやってもいないことを人に語って何してるんだ」と衝撃を受け、「じゃあ何がしたい」と考え浮かんだのが、プロサッカー選手だった。退路を断つため仕事を「無料化」。練習費用をクラウドファンディングで募り、Jクラブとの契約を勝ち取った。「周りから『なんだあのオッサン』と言われても、絶対に音を上げないと決めていた。僕の中であきらめることは忘れてしまったので」

 ○…SNSを駆使した情報発信力はまさに「インフルエンサー」。ともに行動してくれる約100人をネットで集め、開幕戦はYSCC史上最多となる2000人動員を目指す。「船を見送るんじゃなく、一緒に乗ってくれる」仲間と共に、夢の第1章へ出航する。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

丸塚 裕紹さん

このほど港南区獣医師会の会長に就任した

丸塚 裕紹さん

港南台在住 67歳

8月8日号

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月25日号

須田 次朗さん

港南地区保護司会会長に就任した

須田 次朗さん

野庭町在住 71歳

7月18日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月11日号

中本 道生さん

永谷の昔を伝える「永谷ふるさと村」の事務局長を務める

中本 道生さん

上永谷在住 71歳

7月4日号

苗村 光彦さん

日野の郷土史「わがまち 横浜の日野」を自費出版した

苗村 光彦さん

日野南在住 79歳

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク