港南区・栄区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

港南区最戸 「みどりアップ」で公園新設 市内で整備3カ所目

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
開園した最戸一丁目公園。園内からは高架を走る京浜急行の電車も見える
開園した最戸一丁目公園。園内からは高架を走る京浜急行の電車も見える

 緑の少ない市街地に公園を――。横浜みどり税を活用した港南区の「最戸一丁目公園」がこのほど完成し、開園を迎えた。緑を実感できるようにと樹木や芝生を植栽し、早くも親子連れなどの憩いの場となっている。

 公園の所在地は港南区最戸一丁目86番1で、旧南土木事務所跡地の一画。面積は1304平方メートルで、ほぼ半分の654平方メートルを芝生などの緑で占めている。整備を担当した市環境創造局によると、当該地は南区との区境にあるため、両区の住民から親しまれるようにと園内には港南区の木「クロガネモチ」、港南区の花「アジサイ」のほか南区の花「サクラ」を植栽したという。

 園内にはすべり台などを備えた複合遊具のほか、健康器具やベンチ、パーゴラ(藤棚)が設置されている。同園はイトーヨーカドー横浜別所店のすぐそばということもあり、家族と公園を訪れた男性は「きれいに整備され、買い物ついでに立ち寄りやすくていい」と話した。

 今回の財源に活用された「横浜みどり税」は、緑の減少に歯止めをかけ、「樹林地を守る」「農地を守る」「緑をつくる」ことを目的とした「横浜みどりアップ計画」のために市が2009年度から実施しているもの。この財源を活用し、特に緑の少ない南区、鶴見区、神奈川区、中区、西区を中心に、緑への土地利用転換として公園整備が進められている。

 最戸一丁目公園は、鶴見区の下野谷町三丁目公園(市立鶴見工業高校跡地)、西区の伊勢町もくせい公園(県職員住宅跡地)に続き、同事業により整備された公園としては3カ所目となる。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

香港から「たまり場」視察

香港から「たまり場」視察 社会

豊田地区センターで意見交換

6月20日号

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

コミュニティ館オープン

栄区長沼町内会

コミュニティ館オープン 社会

交流拠点として期待

6月13日号

旧港南工場が最有力候補地

南部病院再整備

旧港南工場が最有力候補地 社会

6月6日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

障がい啓発ポスターが話題

障がい啓発ポスターが話題 社会

港南区自立支援協議会が作成

5月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク