港南区・栄区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

3期目議員による市政報告 93 「♯(シャープ)7119」の充実へ 公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 救急やケガで困った時の電話相談窓口が横浜市救急相談センター「♯7119」です。24時間常駐の看護師が相談を受け付けており、緊急度や受診の必要性をアドバイスし、症状に応じて119番に転送する仕組みです。

 こうした仕組みの導入の背景には高齢化の進展とともに全国的に救急車が出動する件数の増加があります。横浜市でも年々増加し、2018年は20万件にも達しました。

 ただ、中には救急車を呼ぶ必要のない軽症の場合もあります。救急車も救急医療機関も地域の限りある資源です。本当に緊急性を要する人が適正に利用できなければなりません。

公明党の提言から

 横浜市での導入は、公明党市議団の提案で2006(平成18)年7月に「小児救急電話相談」としてスタートしました。2016年1月には全年齢の相談対応が可能な救急電話相談へと発展しました。

 センターで対応した件数は2016年度は約28万1千件、2017年度は35万件にも上り、2018年度は36万件を超えました。また相談が集中する年末年始に備えるため、横浜市では昨年末に回線を増やし、体制の強化を図りました。

マグネット配布提案

 公明党市議団は、制度のさらなる普及を図るため、5月31日にセンターを訪問し、意見交換を行いました。そこで認知度向上のため、例えば、次の図柄のような「♯7119」のマグネットを各家庭に配布することを提案しました。

 相談の利用は小児救急では普及しているものの、救急搬送の半数以上を占める65歳以上の方への周知が課題となっています。公明党市議団では、しっかりと施策や事業に取り組みながら、「♯7119」の普及・充実を進めていきます。

このような図柄のマグネットを各家庭に配布することを提案
このような図柄のマグネットを各家庭に配布することを提案

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

7/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

市会議員 たのい 一雄 市政報告

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

2月20日号

税とくらしの相談会

参加無料

税とくらしの相談会

2月2日 港南地区センター

1月23日号

日本の未来を切り拓く新しい国創り

新春寄稿

日本の未来を切り拓く新しい国創り

内閣官房長官 衆議院議員 すが義偉

1月1日号

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

3期目議員による市政報告 100

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

1月1日号

県土の強靭化を目指して

自民党  県議会議員 桐生ひであき

県土の強靭化を目指して

安全・安心な人生100歳時代へ

1月1日号

待ったなし!災害対策を着実に

自民党 市会議員 せのま康浩

待ったなし!災害対策を着実に

被災者支援を国に要望

1月1日号

横浜にとって勝負の年

自民党 市会議員 たのい一雄

横浜にとって勝負の年

チャンス生かし更なる活性化へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク