港南区・栄区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

港南消防署が50周年 地域とともに半世紀

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
現在の港南消防署のガレージ前(前列中央が櫻井署長)
現在の港南消防署のガレージ前(前列中央が櫻井署長)

 港南消防署(櫻井清二署長)が10月25日、開設から50周年の節目を迎えた。時代とともに災害も変容する中、安全安心のために活動を続けて半世紀。本紙ではこれまでの変遷を振り返り、櫻井署長に話を聞いた。

◇    ◇

 港南消防署の前身となるのは1951年に開設された南消防署管轄の港南消防「出張所」。その後、南区からの分区によって69年に港南区が誕生すると、2年後の71年に港南消防署として新たにスタートした。発足当初は職員75人に対し、火災61件、救急出場1480件だった(2020年は火災41件、救急出場1万1428件)。

 宅地造成などで区内人口が増加するのに合わせ、昭和50年代に野庭、港南台、上永谷、芹が谷に消防出張所を開設。区内全体をカバーする現体制が整った。2017年の港南区総合庁舎建替で、港南消防署も現在地に移転した。

時代と災害に対応

 港南区内でも上大岡や港南中央通に工場の多かった昭和の時代には、木造住宅も多く「火災」が災害の中心となっていた。その後、平成に入ると、阪神大震災を機に都市直下型の震災による建物倒壊への対策が進められた。さらに東日本大震災では津波の脅威も改めて認識させられた。

 また近年では、従来の想定を超える豪雨などによる風水害の対策も呼びかけられている。

住民の絆が「最重要」

 櫻井署長は「中でも最大の被害をもたらすのが震災。いつ、どこで起きるか分からないが、必ず起きるとされているためやはり備えが必要」と話す。そんな中で重要なのが「地域の絆」という。

 「お祭りなどの行事も顔の見える関係づくりにつながる。いざという時の災害対応力を強める非常に重要なもの」。コロナは令和の大きな脅威となっているが「その中でどう対応していくかが課題。まち全体で防災を進めていきたい」と櫻井署長は語る。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

「群遊會」10回目の書展

「群遊會」10回目の書展 文化

きょう26日からリリスで

5月26日号

自転車マナー向上に尽力

栄区 交通安全対策協議会

自転車マナー向上に尽力 社会

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 文化

NPOがスタッフ募集

5月26日号

所属委員会決まる

港南区・栄区

所属委員会決まる 政治

横浜市会 構成新たに

5月26日号

健康につながる脳トレ実践

健康につながる脳トレ実践 社会

横浜南法人会がセミナー

5月26日号

3年ぶり和太鼓公演

丸山台丸山さん

3年ぶり和太鼓公演 文化

6月12日 港南公会堂

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook