中区・西区版 掲載号:2012年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

横浜・野毛発祥のサンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」の代表 石山 和男さん 中区西之谷町在住 55歳

サンバは日常の中に

 ○…「他のチームとは比較しない、俺たちは俺たちのサンバをやる。でも、一番本物のサンバを見せるんだ」。そんな誇り高き思いで挑んだ浅草サンバカーニバルで、悲願の2連覇を果たした。「これまで積み重ねてきた練習の成果が形になって嬉しい。応援してくれた地元の仲間たちにも感謝の気持ちでいっぱいです」と、喜びをかみしめる。

 ○…レコード会社に勤務していた頃、ブラジル音楽の虜に。「これさえあれば何もいらないと思うほどでした」。仕事を辞めて1年間バイクでブラジルを巡り、現地で家族や地域など、コミュニティ全ての中心にサンバがあることに衝撃を受ける。リオのカーニバルの感動冷めやらぬまま、帰国後、前年に仲間が立ち上げていたサウーヂへ入った。設立から26年が経ち、当時のメンバーも家庭を築き、その子どもが参加するなど一つのコミュニティを形成しつつある。「子連れでも全然OK。チーム皆で育てればいい。単なる踊りだけでなく、本場サンバの世界観も体現できれば」。

 ○…チーム名の「サウーヂ」はポルトガル語で「乾杯」の意味。「呼吸するように酒を呑んで」と表現するとおり、野毛の行きつけのお店で気心知れた仲間たちとハシゴ酒を楽しむ。元々は音楽が縁だったが、気づけばサンバに大道芸にと、野毛のまちにどっぷり浸かる。妻とも大道芝居が縁。普段は旅行やバイク、音楽雑誌を中心としたフリーライターとしての顔を持つ。「ブラジル人の優しさや、ストレスなんて感じないっていう大らかな気質も好き。そうなりたいね」と笑う。

 ○…「自分にとってサンバはまさに師。やり続けていれば色んなことを教えてくれる存在」。歌の解釈やその世界観から人生を学び、サンバを通じて出会った人たちはかけがえのない存在だ。「まだまだ地平線の彼方にあるけれど、目指すは本場リオのカーニバル」。静かな語り口調の中に、情熱の炎が燃えている。

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク