中区・西区版 掲載号:2015年10月1日号
  • googleplus
  • LINE

「第3回ちぐさ賞」を受賞したジャズフルート奏者の 小川 恵理紗さん 保土ケ谷区在住 26歳

一期一会の想い、旋律(メロディ)に

 ○…「賞を取れたことはもちろん、夢だったアルバム制作も叶えられて本当に嬉しい」。野毛の日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」が才能ある若手ミュージシャン発掘のために設立した「ちぐさ賞」を受賞。その喜びをあどけなさの残る笑顔で語るが、ひとたび舞台にあがれば凛とした姿で強く、シャープな音色を響かせる。日本人初となる、フルートを吹きながら同時に打楽器の音色を口で表現するボイスパーカッションをする特殊奏法「ビートボクシングフルート」でも定評がある。

 ○…泉区に生まれ、幼少期に保土ケ谷区へ。市立桜台小卒。2歳からピアノを始め、音楽好きな叔父の影響で小学5年からフルートを始める。「中学時代に音大を目指したけどなかなか難しいし、根詰めすぎて音楽を嫌いになりたくない」と一旦はクラシックの道を諦めた。しかし、転機は語学習得を目的に留学したカナダの高校で訪れる。偶然そこがジャズに力を入れている学校で、「みんな譜面読まずに一瞬一瞬のアドリブで演奏するし、クラシックと全く違う世界で驚いた」。でもその自由な世界に心が躍った。ジャズの楽しさに触れる中で高校最後の大会で仲間と金賞を取り、「ジャズの道に進もう」と決めた。

 ○…高校卒業後はアメリカ・カンザス州の大学で学び、名門バークリー音楽大学に編入。世界中から集まる才能溢れる若手音楽家たちと昼夜を問わず練習に明け暮れた。「技術で学んだことも多いけど、『観客のために演奏するのではなく、曲を本当に好きになって演奏しなければ観客の心には響かない』という教えが一番心に残っています」

 ○…「今でもステージに立つ前は心臓バクバク」と白い歯を見せる。ちぐさ賞受賞で出演の依頼も増え、今後の活躍が期待される。「ジャズはぜひライブで聞いて欲しい。アルバムができたらツアーをするのが次の目標。『フルートにこんな楽しい吹き方がある』ということを伝えていきたい」
 

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

藤田 善宏さん

関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

藤田 善宏さん

2月8日号

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク