中区・西区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

5周年を迎えた「マスマス関内フューチャーセンター」の代表取締役を務める 治田 友香さん 旭区在住 48歳

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

仕事を通して社会貢献

 ○…「あっという間の5年でした」と振り返る。シェアオフィス『マスマス関内フューチャーセンター』(以下、マスマス)の立ち上げから運営に携わり、現在は安定的に70社が入居するようになった。「やっと形になってきたかな」と目を細めた。マスマスを運営する関内イノベーションイニシアティブ(株)の代表取締役を2013年6月から務めている。

 ○…マスマスの開設は、11年3月11日。「パーティーの準備をしていたらグラグラと揺れて本当にびっくりしました」。その後、何とか船出し入居事業者を増やしつつ、起業創業講座も展開。参加者は900人を超し1割が起業している。また、力を入れる一つにソーシャルビジネスの起業家育成がある。そのビジネスを「ニートやシングルマザーなど社会参加しにくい人たちを参加させていく事業」と説明し「仕事を通して社会参加を促し、社会をより良くしていけたら」と語る。

 ○…都内出身、大学卒業後、大手建設会社に就職。開発業務や建物管理などに携わる。建設という視点から街づくりに関わるなかで、企業の社会貢献に興味を持ち退職を決意、慶應義塾大学大学院の政策・メディア研究科で学ぶ。そして「NPOセンター」「シーズ(市民活動を支える制度をつくる会)」のスタッフとして、日本のNPO黎明期を支えてきた。育児をはさみ今度は起業家支援財団へ。そこからマスマスへとつながる。

 ○…「趣味は仕事」と苦笑い。多忙を極めるが息抜きは家族4人での年1回の家族旅行だ。「小笠原や屋久島など海や島が好きですね」と話した。「答えのないことにコミットするのはおもしろい」と、まだ市民権を得ていなかったNPOやソーシャルビジネスの活性化に取り組んできた。「私の役割は、起業のエネルギーを適正な方向に案内すること。意思のあるお金を、能力はあってもお金やリソースがない人につなげていきたい」とほほえんだ。

中区・西区版の人物風土記最新6

小熊 誠さん

神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 68歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月5日号

菊地 健次さん

4月1日付で西区長に就任した

菊地 健次さん

西区中央在勤 56歳

4月28日号

小林 英二さん

中区長に4月1日付で就任した

小林 英二さん

港南区在住 58歳

4月21日号

池田 華子さん

10代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

池田 華子さん

中区上野町在住 31歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook