中区・西区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

家電販売の(株)ノジマ社長で「横浜ビジネスグランプリ」審査員長を務める 野島 廣司さん 西区久保町出身 65歳

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

若手育成に自らも刺激

 ○…15年前から大学生向けのビジネスコンテストを、また10年前からは母校・中央大学でも同様の取り組みを主宰するなど、新しいビジネスの支援に力を入れてきた。「若手を育てていかないと日本が良くならない」と、問題意識も垣間見せる。

 ○…横浜市の外郭団体、(公財)横浜企業経営支援財団が主催する「横浜ビジネスグランプリ」は、2017年で19回目。審査員長として関わってから5年目を迎える。一般と学生部門からなり、書類やプレゼンテーションによる審査などを経て、「ファイナル」は来年2月18日、西区みなとみらいのランドマークホールで行われる。仕事が忙しく「審査員も大変」と話すも、ビジネスグランプリの趣旨に賛同し「新しい発想にふれると刺激になります」と語った。

 ○…西区久保町の出身。父の仕事の関係で幼くして相模原市に引っ越す。8歳のころ、両親が始めた(有)野島電気商会が今の前身だ。それから年商4500億円超の企業への歩みは、平たんなものではなかった。高校生のころから本格的に家業を手伝い「集金小僧って言われてました」と笑う。中央大学商学部卒業後は、経営が悪化していた家業を継ぎ、がむしゃらに働いた。その甲斐もあり経営は軌道にのり地元相模原から小田原、藤沢などに店舗を広げ、今では関東圏を中心に約150店を展開。運営する携帯キャリアショップは700店に。今年6月には東証一部に市場変更している。

 ○…相模原の自宅近くのゴルフ場は常連で、ストレス解消は「妻とのゴルフ」。子ども3人は独立し長男は副社長として経営に携わる。本好きでも知られ、会社には自宅に収納しきれない3千冊の”図書館”も。「城山三郎とか、松本清張や横溝正史なども好き」。05年から本社を置く横浜については「開港文化の発祥の地であり、また故郷でもある。東京とは一味違うここから、新しいビジネスが生まれれば」と期待する。

中区・西区版の人物風土記最新6

宿本 諒太さん

中区本牧が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月17日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

阿久津 裕司さん

創建150年を迎えた伊勢山皇大神宮の宮司を務める

阿久津 裕司さん

西区宮崎町在住 54歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter