中区・西区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた 六川 光さん 「エリゼ光」社長 48歳

信念貫いた究極のプリン

 ○…生の卵黄をスイーツに使うという大胆な発想で生まれた生プリン。甘いムースとコクのある濃厚な卵黄、苦みと甘みのキャラメルソースが口の中で混ざり合い、究極のプリンが完成する。考案した4年前は、山手町で営むフランス料理店をたたむことも考えていた。「いつか、たった一つ素晴らしい料理を考えることができれば必ず何とかなる」と発明した料理は、起死回生の一品となった。「まさに、幸せのタマゴになってくれました」

 ○…しかしそのアイデアも、初めから称賛されたわけではなかった。「こんなのは絶対に売れないよ」と言われたこともあったが「究極のプリンと信じて作ってきたから、酷評されてもずっと作り続けた。人の言葉や意見が気になる時代だけど、自分が信じたものは誰が何と言おうと続けていく勇気が必要だなと思いましたね」と振り返る。

 ○…長野県上田市の出身。西洋料理といえばフレンチしかなかった時代。テレビでフレンチシェフの特番を見て「これだ」と20歳で単身フランスへ。幸運にも三ツ星レストランに潜り込み、料理の基礎を1年間学んだ。帰国後、先輩に頼まれ、横浜のレストランへ。「ろくに修行もせずにシェフになったので、人の100倍は失敗してきたと思います」。20年前に関内で独立。雑居ビルの最上階という立地ながらも、時代に先駆けてホームページを作成。情報発信を積極的に行い、繁盛店となった。

 ○…「夜景が見えるところに」と外人墓地向かいに『エリゼ光』を開店して来月で19年目。地産地消という言葉がない時代から、地場食材にこだわってきた。「直取引のほうが安く済むというコスト意識からだったけど、その日取れるものを合わせるだけで、自然と美味しい料理ができる。食材から料理を教わったようなものですね」。今も毎朝、三浦のセリに参加してから県内を回り、次なる究極の食材を探し求める。

中区・西区版の人物風土記最新6件

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

林  博さん

5日に誕生50周年を迎える『伊勢佐木町ブルース』。その歌碑建立に奔走した

林 博さん

1月1日号

河原 智さん

知的障がい者卓球連盟の理事長として市内で開かれた国内大会の運営に携わった

河原 智さん

12月21日号

青木 宏一郎さん

今月90周年を迎えたホテルニューグランドの総支配人を務める

青木 宏一郎さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

植原 将之さん

山手のロイストン室内楽団団長を務める

植原 将之さん

11月23日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク