中区・西区版 掲載号:2018年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた 加瀬 泰さん 中区山下町在住 59歳

たぎる 作品への意欲

 ○…近代水道創設100周年記念の短編映画『アクアの肖像〜横浜水道物語〜』(横浜市水道局/1986年)。当時、電通映画社の担当として脚本・監督を務めた。そして近代水道130年を記念して同映画を原作としたミュージカルをつくりたいと、一昨年の冬に水道局から会社に確認があったという。「うれしかった。30年を経ても取り上げてもらえるなんて、作り手冥利に尽きますよ」

 〇…水道局の短編映画コンペに自身の企画が採用されたのは25歳のころ。電通映画社の映像部員として駆け出しのころだ。近代水道の立役者、ヘンリー・スペンサー・パーマーを意識して付けたタイトルは、今回の市民ミュージカルの題名にそのまま受け継がれている。会社ではCMやドキュメンタリー映像などを数多く手がけ、89年の横浜博覧会では日石地球館の大画面(20m×30m)で上映された映像の脚本や演出も担当した。現在は、(株)電通ライブでシニア・ビジュアルディレクターを務めている。

 〇…東京都杉並区出身。母親に連れられて怪獣映画を見に映画館によく足を運んだという。「当時の作品はのびのび、大胆、挑戦的だった」と振り返る。高校生のころには大の映画好きに。明治大学文学部に進学し、当時から自主映画を撮っていた。明大の名物サークルだった「騒動舎」の4期生でもある。「いい物件があった」と山下町に住んで20年近い。趣味は車。輸入車が好きで、今の愛車は1964年製のアルファロメオのオープンカーだ。「車に合わせて服装も変えていく。それがまた楽しい」

 〇…「この作品は短編映画100選になり、また国際的にも評価されるなど僕を育ててくれた」。そして市民ミュージカルの原作に採用されたとあって、「新たな展開に期待したい」と語る。リタイア後は「映像、映画、文章かもしれませんが”モノ”づくりを続けたい。横浜に関係する映画も撮りたいですね」と意気込む。

中区・西区版の人物風土記最新6件

細貝 貞夫さん

5月に日本人初のYC&ACの理事長に就任した

細貝 貞夫さん

6月21日号

賀谷 恭子さん

中区で読み聞かせなどの活動を長年続けている

賀谷 恭子さん

6月14日号

三浦 はつみさん

横浜みなとみらいホールで開館以来の「ホールオルガニスト」を務める

三浦 はつみさん

6月7日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

小西 祐子さん

第53回神奈川県看護賞を受賞した

小西 祐子さん

5月24日号

太田 孝さん

4月から中消防署長に就任した

太田 孝さん

5月17日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

22基の神輿がイセザキに

22基の神輿がイセザキに

6月24日「みこしコラボ」

6月24日~6月24日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク