中区・西区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

2018年度の神奈川県弁護士会会長に就任した 芳野 直子さん 中区在勤 55歳

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

弱者の立場でひたむきに

 ○…1600人超の県内すべての弁護士が加入する神奈川県弁護士会。その会長として弁護士をより身近に感じられるよう環境整備に注力したいとする。「些細なことでも早期に相談すれば、大きな問題になる前に解決できるかもしれない。そのためにも弁護士が市民にとって、もっと身近な存在になるべきです」と語気を強めた。

 ○…弁護士の使命は基本的人権の擁護と社会正義の実現。身近な法律家であるとともに、会としては社会的課題解決のために立法的提言を行うことも大きな役割だ。昨今、一部で熱をおびる改憲論議については「憲法はどのような国でありたいか、国民の決意が示されたもの。まずは憲法を一度読んでもらいたい。そのうえで議論を」と語る。

 ○…静岡県沼津市で育ち静岡大学で法律を専攻。「なぜこの法律ができたのか」、その背景に興味を持ったという。権力を持ちえない一般の市民を様々な問題から守りたいとの思いから、法律を武器とする弁護士をめざした。25歳で司法試験をパスし、2年間の研修期間を経て中区の法律事務所へ。「横浜は開放的で新しい街。働きやすい」と魅力を語る。弁護士登録はバブル崩壊の年。投資など金融商品被害が多数発覚するなかで、その被害者救済に奔走。その後も美容石鹸によるアレルギー被害など製造物責任や悪徳商法の被害者救済など消費者問題に数多く向き合ってきた。

 ○…気分転換は愛犬との散歩。「何というか、今を一生懸命生きているんですよね。それがいい」と、そのひたむきな姿は弱者救済に向き合う自身のスタンスと近いのかもしれない。「近年、認知能力が低下する高齢者の被害が本当に多い。何かあれば、ぜひ弁護士会に相談してほしい」と常に立ち位置は弱者の側だ。

中区・西区版の人物風土記最新6

前田 佳宏さん

YSCCフットサルチームの監督として16日のF2リーグ開幕戦に臨む

前田 佳宏さん

川崎市在住 42歳

6月13日号

鴻井 建三さん

中区初音町に本部を置く「日本おはじきサッカー協会」創設者で代表理事の

鴻井 建三さん

鶴見区在住 57歳

6月6日号

岡田 勉さん

開館10周年を迎える象の鼻テラスのアートディレクターを務める

岡田 勉さん

逗子市在住 55歳

5月30日号

田上 幸治さん

中区で設立したNPO法人神奈川子ども支援センターつなっぐの代表理事を務める

田上 幸治さん

保土ケ谷区在住 50歳

5月23日号

永田 賢一郎さん

1周年を迎えたコミュニティスペース「藤棚デパートメント」の代表を務める

永田 賢一郎さん

西区中央在住 35歳

5月16日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

55歳

5月1日号

高橋 長英さん

俳優で2005年まで行われていた「野毛大道芝居」で座長を務めた

高橋 長英さん

南区在住 76歳

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク