中区・西区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

タウンBiz 「ラーメン激戦区」の生存戦略 関内駅前「セルテ」

経済

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
各店舗のどんぶりを手にする店長たち。左から「唐桃軒」の土屋店長、「麺者雄」の鄭店長、「ナルトもメンマもないけれど。」の道理店長、「ほうきぼし」の毛利店長
各店舗のどんぶりを手にする店長たち。左から「唐桃軒」の土屋店長、「麺者雄」の鄭店長、「ナルトもメンマもないけれど。」の道理店長、「ほうきぼし」の毛利店長

 関内駅前の商業施設「セルテ」に6月から本格開業した「関内ラーメン横丁」が好調だ。路面店でない弱みを逆手に取った戦略など「ラーメン激戦区」関内駅周辺で存在感を示しつつある。

 横丁に入るのは4店舗。老舗店から新進気鋭の若手店主の店まで、ジャンルも様々だ。

 セルテを運営する日本開発(株)の同施設担当・奥山英幸課長は「無数にある『家系』以外で、周辺で気になる店を集めた」と明かす。うち3店舗は完全移転での入居。元住吉から移った「ナルトもメンマもないけれど。」の道理大樹店長は「一見さんが多い場所で勝負したかった」と理由を話す。

 昼間はサラリーマン、夕方以降は野球観戦者が主な客層。関内、伊勢佐木町で約30年の「唐桃軒」は、移転を機に酒類の提供を始めた。「路面店の頃はトラブル防止や回転率を考え提供しなかった。野球中継を見ながらの”チョイ飲み”も多く盛況」と店長の土屋宏子さんは笑顔を見せる。

 セルテ自体はシニア層が主力の商業施設。「横丁目当ての新規層が他のフロアにも回って来ている」と奥山課長。「派手な仕掛けはせず、長いパートナーとしてともに歩んでいきたい」と展望を語った。
 

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール 文化

人形の家で企画展 7月18日まで

5月26日号

セーリング無料体験会

セーリング無料体験会 スポーツ

八景島などで 参加者募集

5月26日号

夏のオリジナル商品

最短3週間

夏のオリジナル商品 社会

5月26日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月26日号

自分で持ち歩く時代へ

フォークもスプーンも

自分で持ち歩く時代へ 社会

記念品、販促品作れます

5月26日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook