中区・西区版 掲載号:2018年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

タウンBiz 「ラーメン激戦区」の生存戦略 関内駅前「セルテ」

経済

各店舗のどんぶりを手にする店長たち。左から「唐桃軒」の土屋店長、「麺者雄」の鄭店長、「ナルトもメンマもないけれど。」の道理店長、「ほうきぼし」の毛利店長
各店舗のどんぶりを手にする店長たち。左から「唐桃軒」の土屋店長、「麺者雄」の鄭店長、「ナルトもメンマもないけれど。」の道理店長、「ほうきぼし」の毛利店長

 関内駅前の商業施設「セルテ」に6月から本格開業した「関内ラーメン横丁」が好調だ。路面店でない弱みを逆手に取った戦略など「ラーメン激戦区」関内駅周辺で存在感を示しつつある。

 横丁に入るのは4店舗。老舗店から新進気鋭の若手店主の店まで、ジャンルも様々だ。

 セルテを運営する日本開発(株)の同施設担当・奥山英幸課長は「無数にある『家系』以外で、周辺で気になる店を集めた」と明かす。うち3店舗は完全移転での入居。元住吉から移った「ナルトもメンマもないけれど。」の道理大樹店長は「一見さんが多い場所で勝負したかった」と理由を話す。

 昼間はサラリーマン、夕方以降は野球観戦者が主な客層。関内、伊勢佐木町で約30年の「唐桃軒」は、移転を機に酒類の提供を始めた。「路面店の頃はトラブル防止や回転率を考え提供しなかった。野球中継を見ながらの”チョイ飲み”も多く盛況」と店長の土屋宏子さんは笑顔を見せる。

 セルテ自体はシニア層が主力の商業施設。「横丁目当ての新規層が他のフロアにも回って来ている」と奥山課長。「派手な仕掛けはせず、長いパートナーとしてともに歩んでいきたい」と展望を語った。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6件

住みやすい街をめざして

市町内会連合会

住みやすい街をめざして

7月12日号

犯罪防止に第一生命と協力

中区の4警察署

犯罪防止に第一生命と協力

7月12日号

15得点で開幕圧勝

YSフットサル

15得点で開幕圧勝

7月12日号

子どものむし歯を防ごう

難民支援で国際派遣

世界66カ国から2500人

女性のための国際会議

世界66カ国から2500人

7月12日号

セルテのレシート捨てないで!

JR関内駅前「セルテ」の3000円分レシートで、野球観戦券等あたる抽選会

http://www.certe.gr.jp/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク