中区・西区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

幻のオオハラホール知っていますか?

文化

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
横浜稲門グリークラブのために作られたホールだった
横浜稲門グリークラブのために作られたホールだった

 京急戸部駅から徒歩1分。レストランが入るビルの奥に小さな音楽ホールが今年春まで存在していたのをご存じだろうか。

 その名は「オオハラホール」。サクラ材の壁と中心の柱が特徴の、最大150人ほどが入れる約300平方メートルのホールだ。

 1995年、早稲田大学グリークラブ出身の大原正實さんが自社ビルを建設する際「横浜でOB合唱団をやりたい」と、先に練習場所としてビル2階にホールが完成。

 翌年、大原さんが県内OBたちに「オオハラホールでハモりませんか?」と呼びかけ、16人の有志による横浜稲門グリークラブが結成された。

 大原さんは2004年に72歳で急逝したが、以降も毎週の練習や発表の場として使われ続けた。同クラブ以外にも小規模な演奏会場として貸し出されていたが、設備等の老朽化に伴いホールは今年3月で閉鎖。4月には同クラブ主催のお別れ会が開かれた。

 メンバーで保土ケ谷区在住の中澤亨さん(78)は「定年を迎えたメンバーばかりなので、ホールでの練習が社会との接点。ボケ防止と勉強の場でした。幸せな時を過ごしましたね」と振り返る。練習場所は近くの音楽サロンに移り、ホール跡地はこの秋、病院として新たな一歩を踏み出す。

(写真は同クラブ提供)
 

練習後は月に一度ロビーでの懇親会、通称「オオハラバー」が開かれた
練習後は月に一度ロビーでの懇親会、通称「オオハラバー」が開かれた

中区・西区版のローカルニュース最新6

「お馬流し」で本牧が一体に

「お馬流し」で本牧が一体に 文化

8月4日、全町神輿渡御も

7月18日号

本牧育ちのJリーガー

本牧育ちのJリーガー スポーツ

YSCC金子選手、上田選手

7月18日号

新本牧の平成史を振り返る

新本牧の平成史を振り返る 社会

マイカル開業から30年

7月18日号

ローラースケート体験会

こども向け

ローラースケート体験会 教育

楽しく体幹鍛える

7月18日号

水彩スケッチ展

水彩スケッチ展 文化

7月30日から

7月18日号

幻想的な空間に

本牧ライトアップ

幻想的な空間に 社会

山頂公園で4年目

7月18日号

世界の朝食レシピを一冊に

西区の多国籍交流拠点発

世界の朝食レシピを一冊に 社会

高校生と小学生が挑戦

7月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク