中区・西区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

大和町立野祭礼実行委 お神輿参加ガイドを作成 「誰もが参加を」英語版も

社会

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
日本語版と英語版のガイドを手にする三上さん
日本語版と英語版のガイドを手にする三上さん

 夏祭りの季節。誰もが町内の神輿担ぎに参加できるようにと中区の大和町立野祭礼実行委員会はこのほど、「お神輿参加ガイド」を作成した。

 ガイドはA5サイズを縦に2つ折りした短冊上のもの。8月10日と11日に執り行われる夏祭りに向けて、町内会会員をはじめ商店主などの協力を得て、6月末から配布している。

 日本語だけでなく、外国人にも関心を持ってもらおうと英語版も作成した。日本語版が250部、英語版は130部印刷している。

わかりやすさ重視

 祭礼実行委員会のメンバーで5年ほど前から神輿渡御(神輿を担いで町内を巡ること)に参加している三上宇未さん(32)は、神輿担ぎについて「関係者以外は入りづらいイメージがあるのでは」と問題意識を持っていた。

 今年4月ごろ、町内の若手メンバーとの酒席で、そのような問題意識を話し合うなか、参加方法を分かりやすく明示したガイドづくりの発案があり、三上さんを中心に一気に動き出した。

 ガイドに掲載した写真は地元の写真館から提供してもらうなど、地域の協力を得て進めた。祭りの服装紹介として自身がモデルとなり法被(はっぴ)やはちまき、足袋(たび)などを紹介。また大和町立野町内会が所有する神輿の数や町内会の氏神(根岸八幡神社)の紹介、祭りは誰でも参加可能なことなど、「お祭りトリビア」コーナーも設けている。

つながりづくりに

 都内から大和町に引っ越してきた三上さん。地域のつながりを持ちたいと町内会に入ったという。「お祭りに参加することで、さらにつながりができる。それが災害時の助け合いにもつながると思う」と話した。

 神輿渡御は8月11日の午前10時、正午、午後2時の3回執り行われる。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6

GoToイート券販売11月6日

癒しのセルロイド人形展

横浜人形の家

癒しのセルロイド人形展 文化

国内唯一の工房作品も

10月15日号

横浜スカーフを体感

横浜スカーフを体感 文化

10月19日から1週間

10月15日号

松岡杏奈さんが受賞

ちぐさ賞

松岡杏奈さんが受賞 文化

ピアノ奏者「一流になる素質」

10月15日号

陸海空から防犯呼びかけ

神奈川県警

陸海空から防犯呼びかけ 社会

tvkアナが防犯大使に

10月15日号

ひきこもり等の専門相談

ひきこもり等の専門相談 社会

西・中、両区役所で実施

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク