中区・西区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

(PR)

コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 快適な排便のために必要な習慣 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長

 Q・便がすっきり出ません。どんなことに気をつければ良いですか?

 A・便秘とは「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義され、便が出ていてもすっきりしない、時間がかかる場合は、便秘が疑われます。

5つのポイント

 【1】適度な運動。運動は腸の働きを活発にさせ、腹部のマッサージも効果的です。腹筋を使ってひねることで大腸が刺激され、ぜんどう運動が促進されます。ウオーキングなどがおすすめです。

 【2】水分摂取。朝起きたらコップ1杯の水を飲む習慣を付けましょう。水分は便を軟らかくするために必要です。

 【3】食物繊維の摂取。食物繊維には、水溶性と不溶性があります。水溶性は果物、海藻、こんにゃくなどに多く含まれ、これらの食物繊維は便に溶け込み、便を軟らかくして便通を良くします。不溶性は豆類、根菜類、野菜類、きのこ類などに多く含まれ、腸のぜん動運動を活発にして便通を良くするほか、肥満や動脈硬化、糖尿病などの予防も期待できます。

 【4】トイレの姿勢。座った状態で前かがみになると肛門と直腸の間の角度が緩くなり、排便がしやすくなります。

 【5】リラックスする時間を作る。ストレスがかかると、腸がけいれんを起こし、腸の内容物が正常に運ばれなくなり、便秘になります。リラックスを心がけましょう。

 腸は栄養の吸収や免疫などを司っています。便通が良くないと、腸内環境が悪化し、正常な機能を発揮することができません。上記の生活習慣を実施しているにも関わらず、腹痛や腹部膨満感、残便感がある場合は医療機関を受診して、かかりつけ医に相談してください。当院では苦痛のない内視鏡検査を提供しています。検査に不安がある方は是非ご相談ください。

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

コロナ禍中での不動産価格は

不動産のプロに相談 大希企画(株)

コロナ禍中での不動産価格は

土日・出張も随時受付

6月4日号

『漢方相談』

松山漢方相談薬局で漢方始めよう

『漢方相談』

健康である大切さ、想いや願いを繋いでいこう。

6月4日号

不動産の買取りは「相鉄」におまかせ

マンション土地・戸建など

不動産の買取りは「相鉄」におまかせ

選ばれる相鉄の買取メリット

5月28日号

コロナ禍の法律・生活相談

コロナ禍の法律・生活相談

司法書士が無料電話対応

5月28日号

住み続けながら売却!?︎

教えて!右手代表【5】

住み続けながら売却!?︎

好評の無料相談会も

5月28日号

住みつつ売却、転居して新生活

教えて!右手代表【4】―2

住みつつ売却、転居して新生活

中古マンションで現地内覧も

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月2日20:03更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日19:24更新

  • あっとほーむデスク

    5月30日8:12更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク