中区・西区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

86.1MHz コミュニティFMが開局 中区初、本牧に拠点

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
本格的なスタジオ。左は笹原代表
本格的なスタジオ。左は笹原代表

 中区本牧町1丁目にスタジオを構える区内初のコミュニティFMラジオ局「マリンFM」が8月26日に開局した。地域のイベントや観光情報をはじめ、災害時には被害状況や物資配布情報など身近な情報を伝える役割を担う。

災害時の放送協定も

 運営会社は(株)横浜マリンエフエム=中区本牧町1の9=で中区本郷町出身の笹原延介さん(52)が代表を務める。周波数はFM86・1MHz、中区および西・南・磯子区の一部が放送エリア。

 開局当日には、中区役所と災害時放送協定を締結した。災害時には一般的なテレビやラジオ放送では伝えることが難しい身近な被害状況や物資提供の情報などを発信する。

 普段は、月曜から金曜日まで生放送の帯番組「ごきげんラジオ」(午前10時〜正午)と「はまカフェGOGO」(午後3時〜5時)のオリジナル番組をはじめ、横浜の名産品紹介やプロレスにバイク、釣り番組、また週末には大学生と噺家による「落語入門」など、バラエティーに富んだ編成となっている。また音楽制作会社を経営し、テレビゲームやCM音楽などを手がけてきた笹原代表が、近隣商店のCMなども制作している。

 笹原さんが同ラジオ局立ち上げに動き出したのは2013年2月。その2年前、3・11の被災地を訪れた際に、きめ細かな地域情報を発信するコミュニティラジオの重要性を知り、中区においてもその必要性を訴えてきた。当初、実現を疑問視する声も多かったが、粘り強く活動を続け協力者を増やし、そのつながりで国の補助金を活用することによりスタジオも整備できた。

 笹原さんは「災害時に役立つ放送局になるためには、普段から聴いてもらえるようにならないと。地域とともに作り上げる放送局にしたい」と意気込みを語る。

 市内のコミュニティFM局は、青葉と戸塚に続いて3局目。

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

役割果たし 区切り

石川町の絵本カフェ

役割果たし 区切り 社会

街の活性化に貢献

2月27日号

1日限定の和菓子を販売

間門小×喜月堂

1日限定の和菓子を販売 教育

開校90周年祝い児童考案

2月27日号

埋立の歴史を演劇で

本牧南小

埋立の歴史を演劇で 教育

当時知る漁師「ありがとう」

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

障害者が本になり交流

山手の任意団体

障害者が本になり交流 社会

2月29日大和町でイベント

2月13日号

黄金町の巡回強化を要望

伊勢佐木警察署協議会

黄金町の巡回強化を要望 社会

旧違法風俗店の視察も

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/shobo/bosai/shobodan/shouboudan.html

【横浜消防】わが家の対策・自助

自分の命は自分で守る!地震が起きたときの準備、できていますか?

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク