中区・西区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

地域福祉フォーラム 助け合い事例を共有 約1500人が参加

社会

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
基調講演を行う幸重氏
基調講演を行う幸重氏

 よこはま地域福祉フォーラムが1月30日、関内ホール=中区住吉町=で開催された。(社福)横浜市社会福祉協議会(大場茂美会長)と18区の社会福祉協議会が主催。当日は、地域活動を行う市民や関係者など約1500人が参加した。同フォーラムは今年で5回目となる。

 今年のテーマは「〜『おたがいさま』の縁づくり〜育まれる縁」。基調講演では「ひとりぼっりにしないまちづくり〜地域で育む、子どもたちに寄り添う〜」をテーマに滋賀県を拠点に様々な子どもの居場所の運営支援、コーディネートに取り組んでいるNPO法人こどもソーシャルワークセンター理事長の幸重(ゆきしげ)忠孝氏が登壇した。

ひとりぼっちにしない

 幸重氏は、虐待や貧困家庭の問題などに「ひとりぼっち」で苦しみを抱えこむ現在の子どもや若者について、取り巻く環境や実際の声を映像などで紹介。その上で「『ひとりぼっち』の子どもたちにとって学校が終わり寝るまでの夕刻の時間に地域の居場所があることが大切です」と話す。

 幸重氏が運営する「トワイライトステイ」と呼ばれる商店街の一角に設けた地域の居場所は、学生たちがサポーターになり、週1回午後5時から9時まで夕食や入浴、学習、遊びなどを実施している。「生活する上で当たり前のことができない子どもたちが多い。それをみんなで楽しく行う経験が子ども一人一人の居場所を生むきっかけになります」と説明。さらに、地域の店と協力することで生まれるまちの人たちとの関係が子どもたちの支えになっていることを訴えた。

 講演後は市内の取り組みを共有する分科会に。中区の第3地区社会福祉協議会は高齢化が進むなか、ボランティアグループ「困りごと引き受け隊」の立ち上げにより、地域の繋がりが生まれていることを発表した。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter