中区・西区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 理事長コラム 【2】「スポーツの大義」 地域クラブYSCCのいま

スポーツ

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
吉野次郎理事長
吉野次郎理事長

 本牧を拠点に活動するサッカーJ3・YSCCの理事長である吉野次郎さんに、隔週でコラムを綴っていただきます。今回のテーマは「スポーツの大義」。

 国難。まさにこの言葉が適切と思える、緊急事態宣言と自粛期間の延長。経済の停滞や不要な監視、巣ごもりによる事件事故、連日の報道には心が痛みます。

 地域差はありますが、都市部においては医療崩壊寸前といわれ、野戦化した医療現場。そこで戦う従事者の皆さまを思えば、自重は当たり前。自身が罹患したという仮想で日常を生きることがさらなる拡大を防ぐすべであり、いかにこの新型のウイルスと共存して行くのか?そこが「その後」のテーマになると考えます。

 さて、そんな折、Jリーグ・Fリーグクラブとして、緊急事態宣言の延長は、リーグ自体への存在価値を考えさせられます。

 スポーツは、人によってはあっても無くてもよいもの。だからこそ、大義が問われます。スポーツの持つ力には、国、人や街を元気に、幸福にする力があることは、周知の大義です。

 その大義を「その後」に生かすべく、クラブは今の日常で、WEBを利用したグループトレーニングやミーティングを繰り返し凌いでいます。

 これからは、高密度でない開放とか非接触が重要になります。ハートtoハート、フェイスtoフェイスが可能なITを活用し、現代の大人も子どもたちもたくさん抱えている心のタガを解き放てるような、WEBシステムを上手に活用した、仮称「Y‘smile〜こころの相談室〜IDOBATA」という活動でこころを届けたいと思います。

 開幕後のリーグ、様々な活動を是非、応援宜しくお願い致します!!

◆吉野次郎(よしの・じろう)/1965年、中区本牧生まれ。YSCCには1986年のクラブ設立から関わり、現在は運営法人の理事長。
 

中区・西区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【15】

横浜とシュウマイと私

「なぜ『醤油+辛子』なのか」

4月28日号

『根岸が生んだ文豪吉川英治』

本牧 気まぐれ歴史散歩 56

『根岸が生んだ文豪吉川英治』

4月14日号

『根岸外国人墓地』

本牧 気まぐれ歴史散歩 55

『根岸外国人墓地』

たくさんの命が静かに眠る場所

3月24日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【14】

横浜とシュウマイと私

Let'sおうちでシュウマイ

3月24日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【13】

横浜とシュウマイと私

シュウマイに合うお酒考

2月24日号

『YC&AC』

本牧 気まぐれ歴史散歩 54

『YC&AC』

数々の日本のスポーツ発祥のきっかけとなった名門クラブ

2月17日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook