中区・西区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

市政報告 IR停止、コロナに集中を 横浜市会議員 おぎわら隆宏

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

交付金が不足

 5月12日から4日間、横浜市会では臨時会が開かれ、約5744億円の補正予算を可決しました。その内、市の支出は財政調整基金からの10億円で、残りは国費及び国の臨時交付金によって賄われます。この交付金を市は85億6700万円を見込み計上しましたが、実際には56億4100万円で約30億円の不足。国の第二次補正予算において不足分が計上されない場合、今年度の事業の見直しを行い、経費を捻出する必要があります。

多くの問題点

 国の新型コロナ対策では、10万円の給付金は市も郵送作業に時間を要し、マイナンバーによる申請にはシステム上の混乱も。認可外保育施設に対しては保育料の補償がされておらず、施設や保護者にとって死活問題です。家賃補助の住居確保給付金も要件緩和がほとんどなく、特に一人暮らしの学生が困窮している場合等の給付が難しく早急に対応が望まれます。

カジノ・サンズ撤退

 5月13日にラスベガスサンズが日本のカジノIR参入から撤退すると表明。サンズ社に限らず、世界のカジノIR事業者は新型コロナの影響から業績が急激に悪化。日本におけるIRは回収しなければならない初期投資が1兆円規模と巨額です。世界経済の様相は一変しており、市が説明してきた年1200億円との市増収が本当に得られるのかは大変疑問です。

事実に反する答弁

 IR誘致について、これまで林市長は「国のスケジュールに合わせるため、本市も止められない」と説明。4月13日、衆院の委員会において赤羽国交大臣より、IR申請作業に関して「横浜市に確認したところ、粛々と事業を進めており(コロナ対策による)支障はないと聞いている」との答弁がありました。これを受け5月14日、市会建築・都市整備・道路委員会において、私は平原副市長に対し「国交省からそのように聞かれた事実、答えた事実はあるか」と確認したところ「聞かれたことはなく、答えたこともない」と答弁。しかし、22日に衆院で再び赤羽大臣は横浜市に確かに確認した事実を答弁。IR所管の平原副市長答弁は事実に反していると言わざるを得ず、市会において改めて確認する必要があります。

 市民の暮らしが外出自粛等の苦しい状況にあり、交付金も不足し、カジノIR停止を訴える市民の声があるにも関わらず、国に「支障はない」と答える市の姿勢は、市民に寄り添うものとは到底言えません。カジノIRなど不要不急の事業は停止し、その費用と力をコロナ対策に集中して充てるべきと考えます。

おぎわら隆宏

横浜市西区藤棚町1-100

TEL:045-334-7213

https://www.ogiwara-takahiro.com/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

IRの議論を無駄にせず新たな横浜の魅力を

市政報告

IRの議論を無駄にせず新たな横浜の魅力を

自民党市会議員 松本 研

1月6日号

市民に寄り添う政治を今年も

市政報告

市民に寄り添う政治を今年も

1月1日号

地元のお声を国政に届けます!

危機の時こそ、人に寄り添う政治の出番

地元のお声を国政に届けます!

衆議院議員 3期・8年目 しのはら豪(46歳)

1月1日号

市民の生きがいや幸せに全力で

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

地方議会の声、国に届ける

市政報告

地方議会の声、国に届ける

全国市議会議長会会長 しみず富雄

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook