中区・西区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

紋別の流氷船、新港ふ頭に 市長も来場、観光PR

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
海上防災基地内のふ頭に停泊した「ガリンコ号III」
海上防災基地内のふ頭に停泊した「ガリンコ号III」

 北海道紋別市の流氷観光船「ガリンコ号III IMERU」が11月12日、新港ふ頭に寄港した。

 同船は九州の大分県佐伯市で新造されたガリンコ号の三代目。総370トン、全長45・5m、全幅8・5mで3階建て。旅客定員は235人。アイヌ語で「光」を意味する「イメル」の名が付く。佐伯港を11月上旬に出航し紋別港に向かう途中に横浜に寄港。来年1月の就航を予定する。

 当日は関係者を対象に内覧会を実施。船首には流氷を砕くスクリューを2本完備しており、普段見慣れない船の様式に、参加らの多くがスマートフォンなどで写真を撮っていた。また、会場には宮川良一紋別市長も訪れ、流氷観光をPR。宮川市長は「流氷観光船を知っていただき、オホーツク海に面した紋別に行きたいと思ってもらえたら」と期待していた。紋別市の職員は「流氷を視覚だけで楽しむのではなく、船が流氷にぶつかったときの衝撃も体感してもらいたい」と魅力を語っていた。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter