中区・西区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

横浜DeNAベイスターズに入団した 松本 隆之介さん 戸塚区出身 18歳

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

「ハマの怪物」目指して

 ○…中学生の時に今永昇太投手のユニホームを着て日本シリーズを観戦するほどのベイスターズファン。12月7日の入団会見で背番号「40」のユニホームに袖を通し「プロになったんだと実感しました」。一方で野球が「仕事」になるという責任感も肩にのしかかる。「注目される立場になったからこそ、結果を求めてプレーしたい」。引き締まった表情を見せた。

 ○…戸塚区出身の「ハマっ子」。小学1年生から野球を始め、中学で入団した戸塚シニアで本格的に投手に。地元から甲子園を目指したいと名門・横浜高校の門をたたいた。1年春からメンバー入りし2年春には甲子園のマウンドも経験。しかし、納得できるピッチングができず、高校3年間は「悔しさしか残らなかった」。ただ、横浜高校だからこそ経験できたことも。「勝って当たり前という環境でプレーできたことはプロで生かせると思っています」。悔しさはプロで晴らす。

 ○…スマホでドラマや映画を見ることが趣味。「プリズンブレイクは何回も見ました。リラックスできる瞬間ですね」。地元の友達と横浜を散策することも楽しみの一つ。「この前はスタバに寄って歩きながらみなとみらいを周りました」。大好きな横浜で野球ができることに「縁があって本当にうれしい」と笑顔をみせる。

 ○…入団会見で色紙に「怪物」と記した。「横浜高校といえば『平成の怪物・松坂大輔』さんのイメージ。自分も相手を圧倒できる投手になりたい」。小学生の時に野球教室でベイスターズの選手から打撃を褒められたことは今でも忘れていない。「今度は自分が夢を与えられる選手になりたい」。プロでの目標は沢村賞。ハマの怪物を目指して、横浜スタジアムのマウンドに立つ。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://www.fukushima-naoko.info/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6

村野 美和子さん

「街の先生」として中区の障害者施設とローズキャンドルを制作した

村野 美和子さん

中区本郷町在住 50歳

6月24日号

宿本 諒太さん

中区本牧が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月17日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月18日18:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

  • 4月22日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter