中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

横浜市 地震時の危険市街地公表 西区7、中区10地区が対象

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、「地震時等に著しく危険な密集市街地(以下、危険密集市街地)」を3月19日に公表した。

 西・中・南・磯子の4区に計29の対象地区(約355ヘクタール)があり、西区は7、中区は10の地区が該当する=表参照。

 危険密集市街地とは、地震が起きた際に大規模火災の恐れがあり、避難も難しいとされる市街地のことで、各自治体の指定にもとづき2012年に国土交通省が示した。

 19日に危険密集市街地の地方公共団体別面積と地区数などを国交省が公表することにあわせて、市は該当の29地区を公表した。

 これまでに市は、危険密集市街地を独自に抽出(23地区、約660ヘクタール)。03年からその地区を対象に、住民と協働で不燃化推進事業に取り組んできた。

不燃化推進を継続

 市は当初抽出した23地区のうち、危険性未解消の中区山元町・柏葉地区を含む最も地震火災の被害が大きいと想定される地域の中から、延焼危険性と避難困難性の両指標が基準値以上の29地区約355ヘクタールを抽出。

 引き続き対象地域の建築物の不燃化や延焼遮断帯の形成、感震ブレーカー設置補助など各地区に即した具体的な取り組みを進めるとしている。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter