中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

横浜西口 ”抗菌”施し、横丁オープン 横浜の人気7店が集結

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜駅西口に3月20日、はしご酒を楽しめる”横丁スタイル”の飲食施設「横浜西口一番街」=西区南幸=がオープンした。2026年9月まで、6年間限定の施設。

 店舗は魚と酒はなたれ、ビーフキッチンスタンド、韓兵衛、焼きそばセンターまるき、焼売酒場しげ吉、もつしげ、もつ煮込み専門店沼田の7店。いずれも地元の人気店ばかりだ。元町などで焼肉店・食彩和牛しげ吉を運営する(株)シゲキッチン=中区=は、新業態となる焼売専門店として出店している。

「ウィズコロナ」時代の先駆けに

 同施設開業のきっかけを作ったのは、(株)奴ダイニングの代表取締役、松本丈志さんだ。同地への出店話が出た際に「1店舗より横丁スタイルにした方がお客さんも楽しめるはず」と仲間に声をかけた。どの飲食店も厳しい状況下だったが、横浜出身のオーナーが多く、従業員の雇用創出や横浜西口に新たな賑わいをもたらしたいという思いが強かったという。店名は自身の店も出店する「野毛一番街」から取った。

 またコロナ禍でも安心して飲めるよう、施設の感染症対策は徹底した。入店時の検温と消毒、マスクの着用の徹底はもちろん、店舗ごとに強力な換気扇を設置。抗菌作用のある光触媒によるコーティングを店内のテーブルや椅子など、施設全体に導入した横丁は「日本で初めて」だという。

 松本さんは「飲食店を盛り上げ街に元気を取り戻したい。横浜西口のランドマーク的存在になれば」と話している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter