中区・西区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

【Web限定記事】桜木町駅前の商業施設 コレットマーレ7階に横浜の人気店集めた「横丁」オープン! 野毛や中華街などから全6店

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
路地裏のような雰囲気のある「サクラギ横丁」(写真は4月27日撮影)
路地裏のような雰囲気のある「サクラギ横丁」(写真は4月27日撮影)

 桜木町駅前の商業施設「コレットマーレ」=横浜市中区=の7階に4月26日、横浜の人気店を集めた新たなグルメスポット「サクラギ横丁」がオープンした。

 7階のフロアコンセプトは"THE YOKOHAMA″。夜景など眺望の良い窓側の区画は、「高価格帯のラグジュアリーなレストランゾーン」として高級焼き肉店などを展開。一方、サクラギ横丁は「利用しやすい価格設定」の店を揃え、日常使いを狙う。

 横丁のテナントは全6店舗。ゆるやかに仕切られたオープンスペースで、路地裏に入りこんだかのような雰囲気の中、野毛にある焼肉ホルモン専門店「大夢(たいむ)」が海鮮肉炉端店としてオープンしたほか、横浜中華街で50年以上続く老舗で牛バラカレーが名物の「保昌(ほしょう)」、十割蕎麦専門店の〆蕎麦「千花庵(ちはなあん)」、日本酒専門の寿司居酒屋「かぐら」、無化調の淡麗スープと自家製麺が自慢の中華蕎麦「時雨(しぐれ)」、本牧にあった日本初のカフェバー「アロハカフェ」が復活オープンした「ALOHAcafe HONMOKU since1976」といった顔ぶれとなっている。

新たな客層を開拓

 いずれも集客力があり、名物と呼ばれるメニューを揃える横浜の人気店ばかりだが、多店舗展開せず「今回が初の支店」という店が多いのも特徴だ。

 市営地下鉄桜木町駅直結の「ぴおシティ」地下2階に本店を構える寿司処「かぐら」もその一つ。本店では300種類以上もの日本酒を揃える寿司居酒屋として、隣には日本酒の立ち飲み専門店も併設する。新たにオープンしたコレットマーレ店では店舗規模に合わせて品数を抑え、50種類の日本酒を提供。ショッピングセンター内ということもあり「女性客など普段日本酒を飲まない人でも気軽に試せるように」と、日本酒の提供量を90ml(本店は180ml)にしているという。

 同店の松尾茂信店長は「本店のミニ版。『気に入ってもらえたら本店へどうぞ』というような、アンテナショップとしての役割も果たすお店になれば」と話し、「野毛のお店に行くのは少し敷居が高いと感じている人たちも、ショッピングセンターの中のお店なら入りやすいのでは」と、新たな客層の開拓を期待する。

 コレットマーレの販促担当者は「商業施設の中にある少しお洒落な横丁として、買い物や映画館などを利用する際に気軽にご来店いただけたら」と話し、地元住民から観光客まで幅広い客層を狙う。

リニューアルは一旦終了

 同施設では2019年夏から全館で大規模リニューアルをスタート。スーパーや生活ライフスタイルのフロアなど、これまで段階的に新店舗をオープンさせてきた。6、7階のレストランフロアも店舗を絞って営業するなど、リニューアルに向けて準備を進めてきた。今後もコロナ禍の影響で工期が遅れている飲食店などは随時オープン予定だが、今回をもってリニューアルは一旦終了となる。

入口にある全6店舗の看板
入口にある全6店舗の看板

中区・西区版のローカルニュース最新6

初の香港出身Jリーガー

初の香港出身Jリーガー スポーツ

本牧拠点のYSCCに

6月10日号

ちぐさ賞の出場者募集

第8回

ちぐさ賞の出場者募集 文化

ジャズの優秀な新人発掘

6月10日号

SDGs基本理念テーマに小論文

市庁舎前のデッキ名称募集

市庁舎前のデッキ名称募集 社会

横浜市、6月30日まで

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter