南区版 掲載号:2007年6月14日号 エリアトップへ

自民党神奈川県連の会長に就任した総務大臣 菅 義偉(すが よしひで)さん 58歳

掲載号:2007年6月14日号

  • LINE
  • hatena

常に貫く「意志あれば道あり」


 ○…自民党の県組織である神奈川県連。会長への就任を「閣僚なので躊躇したが、受けたからには全ての責任がある」と腹を決めた。現職大臣として忙しいスケジュールが続くが、女性や若者へのアピールを課題に挙げるなど、意欲的だ。

 ○…秋田県で農家の長男として生まれた。「農家になるのが嫌で家出同然で飛び出した」。集団就職で上京し、工場などで働くが「このまま一生を終えたくない」と法政大で学んだ後、サラリーマンに。そこで感じたのは「世の中を動かすのは政治」だということ。大学就職課の紹介で代議士秘書になり、政治の世界へ。39歳で横浜市会議員になり、2期務めた後、衆議院議員になった。順風満帆に見える道のりだが、「最初の市会議員選挙はゼロからのスタートで大変だった」と当時の苦労を振り返る。

 ○…政治家として大切にしているのは「反骨精神」。「これがなければ、政治家として終わり」とまで言い切る。昨年秋に総務大臣に就任したが、「歴代の大臣が誰も手を付けてこなかった」という放送法改正に取り組むなど、姿勢は一貫している。好きな言葉は「意志あれば道あり」。「強い意志を持って頑張れば、何かしら可能性が出てくる」と力強く語る。大臣就任を「突然、暴風圏内に突入したようなもの」と表現。ウォーキングを趣味にしていたが、「どこへ行ってもSP(警護)が付いていて、思うように歩けない」と苦笑い。

 ○…多忙でも「健康に良いから」と1週間のうち、5回はそばを食べる。「地元にも行き付けの店がある」ほど。「好きなまち」という横浜を「港から海外へ羽ばたいた人も多く、さまざまなものが発信された場所」と見ている。家族は妻と3人の息子。長男は秘書を務めるが「息子に政治家はやらせない」と親としての顔を見せる。「大臣になったのだから、やりたいことをやりたい」。人懐っこい目の中に政治家としての“強い意志”がうかがえた。

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook