南区版 掲載号:2013年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

井土ヶ谷上町正栄会の会長で地域密着の商店街作りに励む 岩崎 堅一さん 井土ヶ谷上町在住 75歳

喜ぶ姿をもっと見たくて

 〇…井土ヶ谷交差点から平戸桜木道路沿いに広がる商店街の会長を務めて10年。夏休み恒例の夜店を7月29日に行うが、30年続いた名物行事も今年が最後。「役員が高齢化し、続けるのが難しくなった」と胸の内を明かす。しかし、「毎年、多くの人に喜んでもらっている。最後とはいえ、いつも通りにやりたい」と来場者の笑顔を楽しみに準備を進める。

 〇…祖父の時代から続く井土ヶ谷の酒店で生まれ育った。高校生のころから店を手伝い、”御用聞き”として走り回る。経理の専門学校を経て本格的に店で働く。スーパーなどの台頭もあり、客から注文を受ける数は次第に減ってきた。3代目として20年前、酒店からコンビニエンスストアへの転向を決断。「切り替えるには良いタイミングだった」と振り返る。24時間営業、アルバイトの教育など、慣れぬことばかりだったが、「開いていて便利」と言われることが酒店の時代より圧倒的に増えた。

 〇…高齢の来店者に声をかけるなど、地域の特性を活かした店舗運営を心がける。「ほとんどのお客さんが常連さん」と大型スーパーや専門店との競争に負けぬよう、地域に溶け込んだ店づくりを信条とする。高齢者に意外に喜ばれるのが公共料金などの支払い。「『便利になったわ』と言われるのが嬉しい」と笑う。

 〇…一番の趣味は「国内はほとんど行った」という旅行。カメラを構え、全国を回る。鉄道模型も家の部屋いっぱいに広がるほど。「この前、久々に走らそうとしたら、ほこりだらけで動かなかった」と笑う。夜から早朝まで店舗にいることもあり、多忙で趣味の時間は少ないが、買物客の笑顔を見ると、疲れも吹き飛ぶ。長男らも店を手伝っており、家族ぐるみで経営する。夜店は最後になるが「今後も喜んでもらえることを考えたい」。子どもたちや買物客の喜ぶ姿を頭の中に描きながら、店と地域を文字通り24時間支えていく。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク