南区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

中華街の老舗「永楽製麺所」の再起を南区で図る 楯 紳一さん 六ツ川在住 63歳

新天地、麺作りで恩返し

 ○…多くの店舗に麺を卸していた「永楽製麺所」の社長を8年前まで務めた。今年9月「永楽」は負債を抱えて事業停止に。退任後は経営に関与していなかったが、まさに寝耳に水の出来事。会社のビルに入ることもできず、途方に暮れていたが、娘が営業再開を提案。「『もう一度、麺を作ろうよ』と言われて決意した」。六ツ川の自宅兼工場を急きょ改修。自身の結婚記念日である11月5日、ラーメンと製麺を販売する店舗「永福」を開店した。

 ○…戸塚区出身。大学時代、「授業が始まる前にできるアルバイトを」と製麺所に。連日、午前3時から9時まで麺を作り続けた。それが縁で経営者の娘と結婚し、麺作りを仕事に選んだ。作った麺を朝から晩まで店に配達する日々。「配達の途中に子どもの保育園の送り迎えをしていた」と懐かしそうに笑う。防腐剤を一切使わず、小麦の香りが漂う麺が評判となり、約20年前には100を超える業者と取り引きしていた。

 ○…中華街時代は、まちづくりを行う「発展会」の役員として活躍。旧暦の正月「春節」のイベントで中心的な役割を果たした。「15年間春節に携わって、1回も雨が降ったことがない」と”晴れ男”を自称する。横浜ベイスターズを応援しようと、工藤公康投手が移籍してきた際には「工藤ランチ」を名前にちなんで910円で各店が提供することを企画。アイデアマンとして活動する原動力は「まちを良くするために恩返しがしたい」という一心だ。

 ○…営業再開を知った人々が連日、ラーメンを食べようと店に列を作る。「近所の方からいっぱい声をかけてもらい、本当に感謝している」。自宅そばの坂を上り、深呼吸と体操をするのが日課。スキーや登山が趣味だが、今は「自分でやるのは10年ぶり」という麺作りに没頭する。「ここを本店とし、中華街に支店を出したい」。家族で原点の地に帰ることを約束し、新天地で第一歩を踏み出した。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

秋元 和夫さん

3月25日まで日本画などの個展を開いている

秋元 和夫さん

3月22日号

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク