南区版 掲載号:2016年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

全国大会で準優勝した中学生硬式野球チーム「横浜南ボーイズ」の会長を務める 大谷 剛正さん 永田東在住 53歳

縁の下で球児支える

 ○…大阪で行われた全国大会で日本一に迫ったチームの会長を務める。自宅を開放して定期的に保護者と役員会を開き、試合中の応援の段取りや練習環境の整備など、チーム運営について考える。これまではバスで8時間かけて移動した関西遠征だが、今回は選手の体調を少しでも良くしようと新幹線で現地入り。費用はOBらの寄付が支えになった。「多くの方の協力でここまで来られた」と感謝の言葉を口にする。

 〇…5年前、旧大岡高校のグラウンドを練習拠点にしていたチームは、この場所が公園の多目的広場になったことで練習場所の変更を余儀なくされた。100人以上の選手を抱えるチーム。不安と焦りが募る中、選手の親戚からの紹介もあって千葉県にある現在の専用グラウンドが使用できることに。何度もアクアラインを往復し、地元住民らと協議を重ねて練習場所を確保した。当初、整備が不十分で凸凹が目立ったグラウンドは、保護者らの努力もあって使いやすく平面に整えられた。「良いパフォーマンスができるように環境を整えるのが我々の役目」とにこやかに語る。

 〇…井土ヶ谷小、南中出身。現在は約90年続く家業の工業所を経営する。日本少年野球連盟神奈川県支部では副支部長を務め、大会運営などにも尽力。かつては小学生チームでコーチを務めた経験もあり、少年野球には約20年間携わる。「少し前までランドセルを背負っていた子が中学3年間で心も体も劇的に変化する」と選手の成長を感じる瞬間が嬉しくてたまらない。

 〇…妻は選手の保険手続きなどを手伝う。会社とチーム運営で忙しい毎日を過ごす中、息抜きは音楽鑑賞。ファンクラブに入るドリカムのコンサートに出掛けることもある。チーム創設来の目標は”華の高校野球”につなげる道標になること。「子どもたちが『南ボーイズで良かった』と思ってもらえるようにしたい」。選手を縁の下で支え続ける。

南区版の人物風土記最新6件

畠山 明美さん

三春台東町内会の副会長などを務め、子どもの見守り活動を行う

畠山 明美さん

10月4日号

齋藤 優子さん

植物画教室の講師を務め、10月11日から個展を行う

齋藤 優子さん

9月27日号

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

中尾 泉さん

9月3日から永田南の「ぽれぽれ」で書道作品展を開く

中尾 泉さん

8月30日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

植物画の作品展

植物画の作品展

蒔田町の齋藤さん 山手で10月11日から

10月11日~10月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月6日号

お問い合わせ

外部リンク