南区版 掲載号:2016年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

常照寺の僧侶で武道場「葵精舎(あおいしょうじゃ)」を開いた 伊東 政浩(せいこう)さん 南太田在住 45歳

”二刀流”で人のために尽力

 ○…10年来の悲願だった道場が完成。自らが指導する合気道と八光流柔術の「合気武道昊道(こうどう)会」の稽古場として使うほか、仲間とともに月1回行っている「こども食堂」の会場にもなっている。「南太田駅から歩いて40秒で来られる場所。多くの方に親しまれる場所にしたい」と意気込む。

 ○…明治から続く常照寺で生まれ育った。少年時代は「人が多く集まっていたけれど、何をしているのかよく分からなかった」と寺や僧侶の仕事に関心が薄かった。中学生になり、本堂で開かれていた居合道の稽古に参加し、武道と向き合うようになる。19歳の時、沖縄・法華経寺で修行。全国からやって来る困難を抱えた多くの若者に救いの手を差し伸べる僧侶の姿に感激した。「人のために尽くす、僧侶としてのあるべき姿を見た」。この出会いが、僧侶への思いを強くさせた。

 ○…25歳で日蓮宗の修行「大荒行」に挑んだ。これまでに4回経験し、冬の100日間、1日7回冷水をかぶり、2時間程度の睡眠で過ごした。「課せられるものを前向きにとらえれば」と冷静に物事を受け入れる。宗派を超えた「全日本仏教青年会」の理事長など、要職にも就いてきた。「いつも周囲から推薦される。それは何かを変えてほしいということを求められているのだと思う」。同会でキリスト教やユダヤ教の指導者と対話するための組織を作った。「世界平和を目指すために、共同体として協力する必要がある」と力強く語り、リーダーとして臆せずに改革に取り組む。

 ○…今年6月から始めた「横浜てらこや こども食堂」では、食事提供だけでなく、大学生に協力してもらい、遊びや勉強も子どもに教えようとしている。寺を使った地域コミュニティの場作りと同時に大学生や若者育成にも力を入れる。「昔のように、寺に地域の方が集えるようにしたい」。僧侶と武道家の”二刀流”で人のために尽くし、平和への道を模索していく。

南区版の人物風土記最新6件

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

中尾 泉さん

9月3日から永田南の「ぽれぽれ」で書道作品展を開く

中尾 泉さん

8月30日号

伊藤 博子さん

南永田団地の子どもプールの運営を行う

伊藤 博子さん

8月23日号

金子 みち代さん

中国残留邦人問題に関わり、多くの家族の手助けを行った

金子 みち代さん

8月16日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史知り、仲間作る

南永田山王台

歴史知り、仲間作る

「道の愛称」へ講座

9月28日~11月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク