南区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

「姉さま人形」など、千代紙人形の伝統を守るための活動を続ける 酒井 佳子(よしこ)さん 六ツ川在住 69歳

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

全ての縁を大切に

 ○…50年以上趣味として「姉さま人形」を作り、フランスや北京など、海外にも作品を出展する。展示の際は直接会場に出向き、人形を置く場所や角度、色合いまで徹底的にこだわる。昔から応援してくれるファンも多く「遠方から作品を見に来る人もいる。なかなか辞められない」と笑う。

 ○…東京で和菓子店を営む家に生まれる。小さいころから菓子の包装紙で遊んでいた。千代紙人形を作り始めたのは高校1年生の時。友達からもらった和紙の「しおり人形」がきっかけだった。「教えてくれる人がいなかったので、一人で楽しむ程度だった」と話す。その後、千代紙人形のコンクールに参加。結果は落選だったが、入賞者のある女性の作品を見た際に、ほかの作品にはない美しさに魅力を感じ、心奪われた。その時には本人に会えなかったが、数年後、その女性が姉夫婦の仲人を務め、偶然の出会いを果たす。それをきっかけに2体の人形を譲り受け、手ほどきも受けられた。その後、作品は人伝いで知られるようになり、デパートの展示会への出品やワークショップ。中学校での人形作りの講師として招かれるようになった。

 ○…24歳で結婚し、六ツ川に移り住んだ。現在は夫と二人暮らし。猫3匹を飼い「由緒正しい野良猫」と笑顔を見せる。東京の下町生まれということから、人情に厚い。昔から困っているものを見ると放っておけない性格で、捨てられた猫や犬を保護し、大切に育ててきた。父が好きだった山野草を育てることも趣味。手先の器用さを活かし、さまざまなものを手作りする。「やりたいことは何でも挑戦してみる」がモットー。

 ○…人形作りによって、多くの人との縁に恵まれた。「私が人を呼ぶのではなく、人形たちが人との縁や機会を運んでくれる。続けられたのは、人との縁と主人の応援のおかげ」。今後も多くの出会いや縁を大切にしながら、千代紙人形の伝統を後世に伝えていく。

品揃え日本一のキムチの店!福美

横浜橋通商店街「福美」は5月26日~29日 全品20%引き

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14015196/

<PR>

南区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

南太田出身 36歳

5月26日号

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

澤田 和也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長を務め、地域貢献活動に取り組む

澤田 和也さん

井土ケ谷下町勤務 42歳

5月12日号

小熊 誠さん

4月から神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 68歳

5月5日号

吉田 美佐子さん

蒔田や旧大岡村などの歴史を教え伝える「南区郷土の歴史研究会」で活動する

吉田 美佐子さん

大岡在住 74歳

4月28日号

相馬 友子さん

神奈川区の「はるかぜ農園」を運営し、野菜の直売を自宅で行っている

相馬 友子さん

大岡在住 56歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook