南区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

パンなどを学校給食に提供する「かもめパン」の社長を務める 藤江 喜朗さん 永田東在住 79歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

自信と情熱でパン作る

 ○…1日で3万個以上のパンを作ることもある、南区を代表する企業。市内の小学校給食や病院、ホテルなどにパンを卸している。「あまり自慢をするのは好きじゃないが、店のパンにはこだわりと自信を持っている」と話す。

 ○…中区長者町出身で「町のガキ大将だった」と笑う。井土ヶ谷小学校に入学するが、第二次世界大戦が激化。空襲で校舎は焼失し、学校を転々とした。「戦争で勉強どころではなかった。飛行機が落ちてきたことはすごく印象に残っていて、やじ馬のように見に行って父親によく怒られたよ」と苦笑い。私立の中学、高校から日本大学の商学部へ進み、実家のパン屋を継ぐために学んだ。卒業後はパンの専門学校へ。さらに知識を深めようと、海外へ短期留学をし、勉強に励んだ。「50人くらいの仲間と一緒に欧州や米国のパン作りを学んだ。時間が限られていて忙しかったが、学ぶことも多く、とても楽しかった」と振り返る。

 ○…1972年に横浜市の依頼を受け、中国・上海へ行き、パン作りの指導を担当。「パンの文化を発展させようという目的で現地に行った。上海のパンは日本のものとは全く違い、味も質も良いとは言えなかった」。現地では技術指導だけではなく、パンを作るための機械も提供。技と情熱を異国の地に注いだ。

 ○…「自分たちでパンの営業はしない。おいしいものを作れば、商品そのものが営業をしてくれる」がモットー。ホテルや病院でレシピを指示されることも多く、場所に合わせたパン作りを行う。「時間をかけてでも良いものを提供していかなければいけない」とパンに対する思いは熱い。今の楽しみは「3人の孫と遊ぶことかな」と笑う。健康管理にも気を使い、飲酒はせず、たばこも吸わないという。「100歳まで生きたい。お客さんや周りの人に評価されるパンを作り続けることかな」と目標を語る姿が意欲にあふれていた。

南区版の人物風土記最新6

平田 由衣花さん

3児の母で、幼児の人間形成を目的とする「くるみキッズ空手教室」を主宰する

平田 由衣花さん

中里在住 31歳

10月21日号

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook