南区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める 津ノ井 美晴さん 中村町在住 35歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

思いやりで地域を支える

 ○…山坂が多い中村地区で買い物支援をする団体を立ち上げた。中村地域ケアプラザなどの協力を得ながら間近に迫る販売会「ママ・マルシェ」の準備に余念がない。「どのくらいの人が来てくれるか、品物を買ってくれるか全く分からず未知数」と笑う。

 ○…岐阜県出身で高校まで過ごした。「あまり目立つ子どもではなかった。大人と話していることが好きで、休み時間になると職員室で先生たちと話していた」と振り返る。図書委員長や美術部の部長を務めた。「自分から立候補したのではなく、自然な形で先生からの勧めがあった。人をまとめることが得意だったこともあり、大変だということもなかった」と笑う。高校卒業後は富山の大学へ入学。経済学を学び、卒業後は地元で金融系の仕事に就く。「仕事を離れても、サークルや会ではいつも金庫番だった」と苦笑い。

 ○…結婚後に夫の実家である中村町に移り住み、4人の子どもを育てている。「中村町は”都会だけど都会じゃないな”というのが最初の印象。少し歩けば商店があるが、高齢者にとっては歩くのも大変」と話す。移住直後は子どもを連れてケアプラザや区内の児童施設に足を運び、友達を作り、子育てに関する情報を得た。「ケアプラザは通い始めてから9年目。高台にあった唯一のパン屋さんが店を閉めてしまったことや、ケアプラザでもパン販売を行いたいということを聞いたのがママ・マルシェを開催するきっかけになった」と話す。

 ○…おもいやり隊のメンバーは3人。いつも一緒にいるママ友たちで活動しており、開催へ向けた話し合いも気兼ねなくできる。「話をしているうちにいつも違う話題へ脱線してしまう」と笑いながら話すが、開催成功の目的は揺るがない。「1回目だけで終わらせたくない。地域を巻き込んだ活動に発展させたい」と力強く話す目は地域発展の未来を見据えていた。

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook